何にも似ていないクルマ、アストンマーティン ラピードSに試乗

公開日:Posted in 試乗レポート by

崇高なクルマの理想があるのがアストンマーティン。そんなようなことを感じたものです。

歴史あるクルマに乗っているというのは、それだけで凛とした気分になるものです。クルマは機械なんだから・・・わかっていても、人間にマナーを求めてくるようなところがあるのです。昨年からマセラティを側に置いて暮らしているとそんなことを痛感するのです。だからこそ、アストンマーティンに乗りたい、と思ったのですが、今回は、ラピードSに乗せていただくことができました。これも今回の収穫の一つといえるでしょう。

(編集部追記:当記事は過去配信した記事の改定版です)

IMG_1699

一昨年100周年を迎え、次の一世紀を歩みだしたアストンマーティン。その記念する年に上陸したラピードの進化版です。デヴィッドブラウンが経営していた頃アストンマーティンの傘下に入ったラゴンダは、顧客層が近いことから別のカテゴリーのクルマを作ることにしました。そこでそれまでも2ドアの高級GTを作っていたアストンマーティンに対し、4ドアサルーンを作ることとし、1961年にメカニズムなどはDB4をベーストしながら誕生したサルーンが「ラゴンダ・ラパイド」です。ラピードSはこのモデルを始祖とするサルーンです。ラパイドは、ル・マン優勝車である「M45R ラパイド」にちなんだ車名で、1964年まで生産が行なわれました。

そんなことを思っておりましたら、とても興味がわいておりました。一見するとクーペのようなスタイルながら荘厳な雰囲気もあります。これはそういわれてみると、ラゴンダ・ラパイドもこういうクルマでした。スマートで、小さなキャビン、小さなテールフィンをもつスタイルのアイコン、このモデルにもちゃんと受け継がれていますね。乗せていただけることになり、思わずはしゃいでしまったのは言うまでもありません。

IMG_1658

軽くはない、重い。しかし実にシュアな操作感覚。小さくはない。大きい。しかし、望外持て余さない。ボンネットの先端は遠いが見渡せるので車両感覚は想像より遥かにつかみやすい。エンジンをかけると12気筒ユニットは直ちに目を覚ましました。12気筒エンジン自体、もう許されるブランドはかなり少なくなりました。実にシャープなふけ上がりは印象的で、鈍重な印象はありませんでした。アクセルを踏み込んでいくと大きなボディはするすると走っていきます。

IMG_1724

誰にでもやすやすと愛想を振りまくような雰囲気はない、がそれが故に運転に障るような威丈高な感じもない。パワーをこれ見よがしにするようなことをしようとは思わせない。セレクターはギヤではなくダッシュボードのスイッチで選択するスタイルです。簡単な操作で走らせることができます。ただ感じたのは、乗り始めてみるとその操作感覚の重みはしっかり感じさせてくれる味付けです。これは大きな力を持ったクルマがどんな状況、速度域でも安心して制御できるために必要なことでもあるのでしょう。

ただ、そのスポーティな雰囲気もあって、やや意外でした。最近はエコカーがもてはやされる一方、スーパーカーは高出力になる一方です。ダウンサイジングがはかられても従前のモデルよりは高出力。ここもあきらめていないことが多い。それでこそスーパーカーです。このクルマもラピードから80馬力ほど強化され、560馬力になんなんとする協力な心臓をもっているのです。

そういうクルマを私風情が操るときの感覚というのは、決して「みんなウェルカム」という雰囲気ではなく、「君、心得ておいてくれたまえ」と軽々に土足で上がり込んではならない雰囲気に満ちていると感じたのです。ただ、同時に、だからといって、もしそのオーラに運転者が怖じ気づいたとしても、安全に、用意に快適なドライブができるようなクルマに仕上がっているようにも感じました。

IMG_1700

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...