家族が1番、AMGは1.5番?「メルセデス・ベンツG55 AMGロング」オーナー、小島一仁さん&沙弥さんへインタビュー

公開日:Posted in オーナーインタビュー

「今回は若くして『超』がつくほどAMGが好きなメルセデス・ベンツG55 AMGロングのオーナーさんの取材をお願いします」

今回の取材はこんな一言から始まりました。カレントライフのオーナーインタビューはどうやって決めているのですか?と聞かれることがあります。オーナーさんによる自薦他薦はもちろん、カレントライフ執筆陣の友人知人を介して取材させていただくこともあります。なぜかいつも、愛車を大切にするディープな方々ばかりです。

家族が1番、AMGは1.5番?「メルセデス・ベンツG55 AMG」オーナー、小島一仁さん&沙弥さんへインタビュー
▲小島一仁(こじま・かずひと)/沙弥(さや)さんご夫妻。抱っこしている赤ちゃんは昨年12月に産まれたばかり

RUF CTRオーナーの岩瀬夫妻に続いてご夫婦の取材は2度目かと思いきや、待ち合わせ場所に現れたメルセデス・ベンツG55 AMGロング(以下、G55 AMG)から降りてきたのは、小島一仁(こじま・かずひと)/沙弥(さや)さんの美男美女ご夫妻と、昨年12月に産まれたばかりという赤ちゃん(男の子)の3人家族。今回はカレントライフオーナーインタビュー史上初のご家族を取材させていただくことになりました。

──オーナー紹介&どんな仕事をされているのですか?

メルセデス・ベンツG55 AMG
▲G55 AMGがお似合いの一仁さん、AMG愛が半端ではありません!

一仁さん:IT系企業の役員をしています。週末も仕事が入ることが多いのですが、週に1度は家族で過ごせるように心掛けています。

沙弥さん:IT系企業のPRを担当しています。

──現在の愛車を手に入れるきっかけとは?

メルセデス・ベンツG55 AMG
▲美しく磨き上げられた、一仁さんのメルセデス・ベンツG55 AMGロング

G55 AMGの前は、CLS63AMG(W219)を所有していたんです。子どもが産まれたらAMGのファミリーカーに乗りたいと思っていました。ゲレンデヴァーゲンは憧れの存在でしたし、必然的にG55 AMGの購入を考えるようになりました。

…とはいえ家族がいますから、独身時代よりも予算は限られます。実は弟がクルマ屋(株式会社h.Trading)を営んでいて「2004年モデル以降のG55 AMGロング、D車、色はオブシディアンブラック、もちろん程度良好で!」とオーダーして探してもらうことにしました。ゲレンデヴァーゲンといえば黒のイメージが強かったので、AMGの太い音だけは譲れなかったんです。

メルセデス・ベンツG55 AMG
▲手に入れたG55 AMGは、前オーナーの好みでG63 AMGのホイールを履いていたそうです

細かい条件を提示したためになかなか条件に合う個体が見つからず、2ヶ月くらい探してようやく出逢えたのがこのG55 AMGです。程度も良かったですし、偶然前オーナーがG63 AMG用の純正ホイールに交換していたんです。通好みなカスタマイズも気に入っています。

── 一仁さんのこれまでの愛車遍歴を教えてください。

メルセデス・ベンツG55 AMG
▲手入れが難しいオプシディアンブラックのボディカラーも艶々

最初の愛車はメルセデス・ベンツE320(W210)でした。その次がCLS63 AMG(W219)、そして現在のG55 AMGです。学生時代はバイクに傾倒していて「ホンダ フュージョン」というビッグスクーターに夢中。このバイクはメッキパーツを多用する方向ではなく、クラシカルな雰囲気にカスタマイズしていました。そのあたりの嗜好が、G55 AMGのような古典的なクルマを選ぶことに通じている気がします。

──輸入車に乗ろうと思ったきっかけとは?

メルセデス・ベンツG55 AMG
▲これぞ、AMGコンプリートカーの証!

私は愛知県出身で、大学を卒業してから上京しました。クルマに興味を持つようになったのは妻と知り合ってからです。クルマを買おうと思ったとき、デザインが好みな輸入車、なかでもメルセデス・ベンツに惹かれていきました。2台目の愛車だったCLS63 AMG(W219)を所有したことですっかりAMGに魅了されまして…。流麗なクーペのようなCLSから、角張ったデザインのゲレンデヴァーゲンに乗り替えるとしたら、もはやG55 AMG以外は考えられなくなってしまったんです。

──沙弥さんは、一仁さんがG55 AMGを買うことに賛成だったんですか?

メルセデス・ベンツG55 AMG
▲G350でもない、G500でもない、G55だからこそ得られる世界があるのかも

私も大きなクルマが好きで、ゲレンデヴァーゲンは以前から憧れの存在だったんです。そういう意味では夫婦の希望が一致したんですね。でも私にとって、デザインが好きなゲレンデヴァーゲンであれば、グレードにこだわりはないんです。そこで主人には「別にAMGじゃなくてもいいんじゃないの?」と聞いてみたのですが「AMGに乗ることはオトコのロマンだ!」といって譲らない。もういいやと諦めて、好きなクルマを選んでもらうことにしました。

── 一仁さん、さまざまなハードルをクリアして手に入れたG55 AMGはいかがですか?

メルセデス・ベンツG55 AMG
▲リアゲートにもAMGのエンブレムが

妻には、私がG55 AMGを手に入れた想いを理解してもらえていないようですね(笑)。それはそれとして、手に入れて2ヶ月ほど経ちましたが、エンジンを掛けるときの瞬間がたまらないです。「ああ、このクルマは生きてるんだ」って実感できます(隣では沙弥さんが「理解できない…」という表情をしています)。

メルセデス・ベンツG55 AMG
▲G55 AMGコンプリートカーといえばサイドマフラー

G55 AMGに乗る前には30分くらい洗車します(筆者注:取材時も一仁さんがウェスを取り出し「ちょっと待ってもらえますか」と洗車していました)。高速道路のパーキングエリアなどで休憩したときも窓ガラスやバンパーなどに付いた虫を拭き取っています。何しろ惚れ込んで手に入れたクルマですし、いつもキレイにしておきたいですよね。G55 AMGに乗るのは主に週末ですが、平日の夜もクルマを眺めたり触れたりしています(沙弥さんは隣で苦笑い)。

あわせて読みたい記事

OEM記事提供
この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

カレントライフの副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の...