すべてのクルマ好きへ届けたい。自作ガレージ「DogHouse」は決して夢の到達点ではない

公開日:Posted in オーナーインタビュー by

前回のオーナーインタビュー『マッハGoGoGoが原体験「ジネッタG12」オーナー、宮本隆史さんへインタビュー』の続編となる今回の記事。

当初、宮本さんの愛車であるジネッタG12とガレージを1つの記事にまとめてご紹介する予定でした。しかし、実際に宮本さんのご自宅に隣接するガレージ「DogHouse」にお邪魔してみて、急遽予定を変更。2記事構成となりました。

ガレージというと、重厚なシャッターの向こうにエアコンが常時効いているような場所に最新のスーパーカーが…というイメージを抱きがち。それはそれで一度は実現したいかもしれない…というのが本音かもしれません。

しかし、宮本さんが造り上げたガレージ「DogHouse」はひと味違います。室内は気持ちの良い風が吹き抜け、「工房」と呼ばれる部屋ではエンジンの組み立て作業ができ、カウンターが備えられたバーがあり、「ラウンジ」と呼んでいる場所では仲間と語らうこともできる…。少年時代に夢見た秘密基地を形にしてしまったかのような、得もいわれぬワクワク感が満載のガレージだったのです。

「DogHouse」は英国流のジョークを宮本さんが洒落て名付けたもの

img_9742
▲DogHouseはクルマ趣味にのめり込んだ旦那が奧さんに愛想を尽かされて、家を追い出されて逃げ込む場所という洒落を込めて名付けられてます。これぞ名誉ある(?)称号かも

ガレピク ジネッタ
▲あちこちを訪ね歩き、56軒目に見つけた土地に森を切り開いて、造り上げたのが母屋とこのDohHouseとのことです

ガレピク ジネッタ
▲笑顔が優しいDogHouseのオーナーである宮本隆史さん。建物の基礎を除き、手作りでこのガレージを造り上げたそうです

ガレピク ジネッタ
▲DogHouseの主である1995年式ジネッタG12。このクルマの存在がなければ、DogHouseが建てられることもなかったそうです

ガレピク ジネッタ
▲ガレージの入口にはシャッターがなく、吹き抜け。車高が低いクルマでなければDogHouseに入ることもできません

「DogHouse」は気持ちの良い風が吹き抜ける、窓ガラスがないガレージ

ガレピク ジネッタ
▲窓ガラスはなく、吹き抜け。木々のなかを気持ちの良い風が吹き抜けていきます。冬場の寒さは後述するストーブが暖めてくれます

ガレピク ジネッタ
▲エンジンやブレーキの部品に混じり、文庫本やお酒などが無造作に置かれた雰囲気が実にいい味を出しています

「工房」は、まさに宮本さんが腕を振るうための場所

ガレピク ジネッタ
▲ここは宮本さんが「工房」と呼んでいる部屋。ハシゴを使って屋根裏部屋にあがることもできるのです。まさに秘密基地

ガレピク ジネッタ
▲工房にはクルマ雑誌やら、ジネッタに関する資料やら…。ちょっとしたチューニングショップのような雰囲気すら感じます

ガレピク ジネッタ
▲机に置いておくと行方不明になりがちな工具類は、こうして壁に掛けてあります。奥の虫かごのなかにはクワガタがいるそう

ガレピク ジネッタ
▲「工房」という呼び名がぴったりの部屋。エンジンを組むこともあるこの部屋だけは扉があり、まさに「篭もる」ことができるようになっています

ガレピク ジネッタ
▲ステアリングのオブジェの隣には、双子の息子さんが創った作品が飾られていました。宮本パパの意思を継ぐのは誰になるのでしょうか?

「バーカウンター」は、避暑地のバーのような開放感と清々しい空間

ガレピク ジネッタ
▲DogHouseの奥はバーカウンターになっています

ガレピク ジネッタ
▲バーカウンターでお酒を飲んでいると、落ち葉がひらりと舞い降りてきます

ガレピク ジネッタ
▲バーカウンターには冷蔵庫まで備えつけてあり、ちょっとしたおつまみを出せば本当にバーにいるような演出も可能です

ガレピク ジネッタ
▲カウンターの下には宮本さんがコレクションしているミニカーなどがずらりと並べられています

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

カレントライフの副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の...