アウディ サスペンションを通じてエネルギー回生を可能にする未来のシステムとは?

公開日:Posted in アウディのニュース, 輸入車ニュース by

未来の自動車はサスペンションを含めて、エネルギーの回生がますます重要な役割を果たすようになります。アウディは従来の油圧式ダンパーの代わりに、エレクトロメカニカルロータリーダンパーを採用することで、乗り心地もさらに改善する eROTシステムのプロトタイプ製作に取り組んでいます。

アウディ サスペンションを通じてエネルギー回生を可能にする未来のシステムとは?

eROTの作動原理は簡単に説明することができます。「クルマが窪みや突起を超えたり、カーブを走ったりすると、そこに慣性エネルギーが発生します。従来はダンパーでエネルギーを吸収し、そのエネルギーは熱として失われてきました」、とAUDI AG技術開発担当取締役のDr.シュテファン クニウシュは説明しています。「48ボルトの電源システムとエレクトロメカニカルダンパーのシステムを組み合わせることで、我々はこのエネルギーを活用します。この技術により、サスペンションの特性を自由に制御する、まったく新しい技術の可能性も拓けることになります。」

eROTシステムは反応が速く、慣性も最小に抑えられます。このシステムはアクティブ制御するサスペンションとして、路面の凹凸やドライバーの運転スタイルに理想的に対応します。ソフトウェアによるほぼ自由に設定可能なダンパー特性で、システムとしての機能の幅が広がります。また、従来の油圧ダンパーでは難しかった、伸び側と縮み側のストロークを独立して設定することもでき、例えば伸び側の減衰力は硬めに設定しつつ、乗り心地への影響が大きい縮み側のストロークについては、よりソフトに設定することが可能になります。この新しいダンパーシステムのもうひとつの利点は、配置の自由度の高さです。リヤサスペンションに採用した場合、伸縮式ショックアブソーバーを垂直に配置する従来のシステムに対し、電気モーターを水平に配置することで、ラゲージコンパートメントの容量を増やすことができます。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:CL編集部

ハイクオリティーなクラシックカーにも造詣が深い編集部メンバーが、そういった輸入車に乗ったことがな...