いまから10年後、左ハンドルの輸入車は日本から淘汰されてしまうのか?

最終更新日: 公開日:2015-06-18 | Posted in ライフ by

輸入車の新車販売台数が伸びつづけています。ここしばらく、5〜6%台で推移していた国内登録車に占める割合は、2014年は8.8%と、過去最高を更新しました。

それには、新車価格が100万円台のモデルが充実してきていることや、景気感、さまざまなライフスタイルにマッチする豊富なバリエーションを展開していること、週末のショッピングモールで開催されている出張展示イベント…等々。ひとことでいえば「輸入車そのものの敷居が低くなった」ことが大きな要因といえそうです。

裾野の広がりに呼応するかのように、ここ10数年で急激に右ハンドル仕様の輸入車が増えたように思います。ハンドルが右でも、ウインカーとワイパーの位置が日本車とは逆(これは、日本車がJIS規格に準じて造られているため)で不便という声を耳にしますが、これも慣れてしまえばそれほど気にならなくなるようです。

「輸入車=左ハンドルという認識(固定観念)」は、すでに過去のもの?

メルセデス・ベンツやフォルクスワーゲンなど、ファミリーユースが想定されるようなモデルだけでなく、フェラーリやポルシェなどのスポーツカーにも右ハンドル仕様の波は確実に押し寄せています。また、ひと昔前の左ハンドルユーザーならではの苦労話も、若者に向けてメタルポジションのカセットテープやDolby NR(ドルビー ノイズリダクション システム)について熱く語るようなもの。たとえば、ETCが実用化される以前、料金所で前を走っている輸入車から、料金所のひとに向けてマジックハンドルが伸びてきて、思わずぎょっとした…などという逸話?は、20代のクルマ好きの方にはまず通じません。

日々、自動車雑誌などで広報車の試乗記事が掲載されていますが、例えば、現行911(991)ターボカブリオレが右ハンドルであったり、思わずハッとさせられることがあります。これは「右ハンドルのポルシェ911を選ぶニーズが確実に存在する」ことを如実に表しているといえそうです。事実、ディーラーのデモカーにも右ハンドル仕様が増えているようです。

いまや、限定モデルやよほど特殊なモデルでない限り「基本は左ハンドルだけど、右ハンドルも選べますよ」というスタンスなのです。

では、敢えて左ハンドルを選ぶ理由はあるのでしょうか?

●ドライビングポジションが自然

最近のモデルは解消されつつあるようですが、右ハンドル仕様はペダル位置がオフセットされていたり、フットレストのスペースが小さいなど、ひとによっては気になるポイントもあるようです。

●希少価値(ただしモデルによる)

左ハンドル車は、たとえば空冷のポルシェ911やフェラーリF355、360modenaのMT車のような「需要過多」になる可能性が考えられます。今後ますます「左ハンドル+MT車」は絶滅危惧種となっていくかもしれません。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

カレントライフの副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の...