自動車大国アメリカの本当のクルマ事情とは?iPhoneのマップアプリでハリウッドへ(DAY3)

公開日:Posted in ライフ by

さあ、今日はどこに行きましょう?ラスベガスからまたまた400㎞オーバーの強行軍です。出発は朝5時。インターステート15(国道15号)をひた走り、目指すはハリウッド。日本から持って行った日本語のiPhoneのマップアプリでナビゲートしてもらいます。これがまた微妙な感じで地名をしゃべってくれるんですが、結構面白い。

map2

ラスベガス→ろす べーがす
ハリウッド→ほりわっど
ロサンジェルス→ろす あんげろす

何回も聞いていると飽きてくるんですけど、微妙なイントネーションも併せて笑っちゃいます。ですが、ナビゲート機能は最高です。現地でカーナビレンタルする必要は全くありません。カーナビよりiPhoneの方が正確でわかりやすい。それから日本のように複雑な道路構成ではないので、基本一本道で迷うことはありません。

IMG_1769

今日も、枯草みたいに見える枯れてない草を眺めながら爆走します。最初は65マイルが制限速度でしたが、途中から75マイルになり快適なドライブが進みます。もちろん、目的地までノンストップ!この”DOWN GRADE WATCH FOR SLOW VEHICLE”の標識は、「下り坂 低速車に注意」という意味なんです。これ、日本ではちょっとわかりにくいんですが、アメリカの大型トラックは下り坂で速度を落として走らなくてはいけないので、一般車に対してこのような注意書きがあるんですね。そういえば、大型トラックは、下り坂を低速でハザードを点滅させて走行していました。

IMG_1776

今日はなんだかクルマが多い。2車線だからか、みんなハリウッドに遊びに行くのか、ずらーっと連なりながらも120km/hオーバー。しかもこっち方面は、交通量が多いからか、ちょっと路面の悪い箇所も多い。ブレーキングもしたくないようなとんでもない轍に突入するのですが、速度を維持せざるを得ず、ステアリングを握る手に汗が…。緊張しまくりです。特にこのクルマ、やたらステアリングがクイックなので、びびってます。

IMG_1779

途中、こんな気になる看板も。エイリアン・フレッシュ・ジャーキーですって。宇宙人の肉でジャーキー?だったらフリーウェイ降りて食べに行く価値ありますけどね…。それから、こんな巨大な温度計も。アメリカは華氏で温度表記されるので、これは華氏90度です。やっと明るくなり始めた頃からすでに30度以上です。日中は40度超えてきます。砂漠ですからね。そんな気温の中でも、ジャーニーの水温系はセンターから微動だにせずに、120km/hで巡行中。エンジン回転は2000rpm程度。さすがオーバードライブ重視の6速ATと3.5リッターエンジン。でもV8だともっと余裕あって加速も楽だろうなあ。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:カレントライフ編集部

カレント自動車株式会社に所属する編集部メンバーが適時執筆しています。ハイクオリティーなクラシック...