元愛車と再会した経験のある方は挙手願います!!

公開日:Posted in ライフ by

街中や旅行先、イベント会場など。思いがけない場所で元愛車と再会した経験のある方はいませんか?「まさか」と「もしや」が入り交じり、理屈ではなく直観的に自分の愛車(元)だと分かる不思議な感覚。思わず追い掛けて、確かめた方も多々いらっしゃるのではないかと推察します。

しかしそれは、過去との偶然の再会にすぎません。この記事が、現在進行形でクルマを所有していて「正直、ちょっと冷めかけている」あるいは「そろそろ手放してもいいかな・・・」と思いはじめている方に向けて、ある種の「ちょっと待った!」になればと切に願うばかりです。

元愛車に何と7回も再会、8回目は自ら会いに行く

空冷911 ポルシェ
(画像はイメージです)

筆者は、偶然とはいえ、7回も元愛車と再会しています。正確にいうと8回。その8回目は売りに出ているのを偶然見つけ、その販売店にアポイントを取って現車を観に行きました。場合によっては本気で買い戻す気まんまんで・・・。外からは見えないストックヤードに停まっていた元愛車は、筆者が所有していたころよりコンディションがよくなっていました。「これは思い切って買い戻そう・・・」。ところが、すでに他の方が手をつけていて「商談中」の状態。筆者がその販売店を訪れたタイミングで「時すでに遅し!」だったのです。

・・・とはいえ、仮に商談中でなかったとしても、自分には手も足も出ない価格となっており(ストックリストでは「ASK」と表示されていました)、いい意味で諦めがつきました。いまもネット上で見掛けることがあるので、新たなオーナーさんのところに嫁いだのでしょう。9回目の再会もありそうな予感がします。しかし、買い戻せるかどうかはまた別問題なのです・・・。

たとえフルオリジナル&ノーマルでも、元愛車は何となく分かる

実車を観たときはもちろん、インターネットで中古車検索をしていたり、雑誌のイベント取材記事などで、本当に小さく(1mm以下?)で写っていたとしても・・・。自分が所有していたクルマって、うまく理由は説明できないけれど、何となく分かるものです。

たとえフルオリジナル&ノーマルであったとしても、これは同じです。メーカーがラインオフした状態に近いコンディションを維持している個体であれば、見た目はどれでもほぼ同じなのに・・・。仮にボディの色艶、ちょっとした生活キズまで見分けられなかったとしても、不思議と見分けがつくものです。

愛車との再会はプチ同窓会状態。あまりの激変振りに落胆することも・・・

ユーノスロードスター NA

OEM記事提供

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

カレントライフの副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の...