「いつか」は20年経っても訪れないが「さよなら」は明日やってくる

最終更新日: 公開日:2016-07-23 | Posted in ライフ by

先日、仕事のあとに居酒屋さんで久しぶりに飲んでいたときのことです。スーツをきちっと着こなした会社員風の男性2人が隣の席に座りました。年齢は30代前半くらいでしょうか。いまどきのオフィスカジュアルではなく、スーツです。割とかちっとした職業の方たちかもしれません。

双方ともテーブル席なので、それぞれの会話も何となく聞こえてきます。

こちらはクルマ好きの友人と飲んでいるので、当然ながら不毛(?)なクルマ談義をやっているわけです。隣の席の会話につられた経験ってありませんか?見事にこの会社員風の男性2人も、こちらの不毛トークにつられてクルマ談義をはじめました。

男性A「いつかはベンツ乗ってみたいよな」
男性B「いま、売れてるらしいよ」

Mercedes-Benz-SL65_AMG-2017-1600-01
出典:https://www.netcarshow.com/

男性A「BMWの方が世間受けはいいのかな」
男性B「欲しいの買えばいいんじゃない?」

BMW-M3_30_Jahre-2016-1600-06
出典:https://www.netcarshow.com/

会話の雰囲気(すみません。聞き耳を立ててしまいました)からすると、熱狂的なカーマニアではなさそうでした。飲み屋での他愛のない会話だと知りながら、「えーっとですね…」と、会話に参加したいのをぐっと堪え、友人との不毛な会話を続けました。

友人A「サマージャンボあたったら何買うの?」
江上「うーん、とりあえずディーノでも欲しいよね(あっさり)」

ferrari_dino_1968_photos_1
出典:http://www.favcars.com/

飲み屋での会話です。ご勘弁ください。「とりあえずビール」と「とりあえずディーノ」が一緒くたになっていますね。もし、筆者がディーノに乗っていたらサマージャンボ宝くじが当たったと思い、暖かい眼で見守ってください。

あわせて読みたい記事

OEM記事提供
この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

カレントライフの副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の...