日本人が思うアメ車への憧憬との齟齬。キャデラック春日井に行って思ったこと

公開日:Posted in ライフ by

先日、キャデラックというブランドの来歴について執筆させていただきましたが、ふと現在日本でキャデラックが買えるディーラーはどのくらいあるのだろう?と思いキャデラックの公式サイトを見たところ全国で正規ディーラー19店舗、サテライト/販売協力店15店舗という数字を見て愕然としました。キャデラックは「売れる、売れない」以前にまず買いたくても買える店舗が少ないという現実があるのです。

キャデラック春日井のグランドオープンでアメリカ車に思う事

一方、比較的日本での販売で健闘しているジープは各県に4~5店舗、首都圏にいたっては20店舗くらいはあります。つまりブランドの知名度の高さから言えば、アメリカ車といえども販売店の展開次第で売れる可能性はいくらでもあるはずなのです。そのような中、キャデラックの販売店検索で「キャデラック春日井 ※2月11日(土・祝) グランドオープン」というのを見つけ、地元にキャデラックのショールームが新規オープンすると知り、自宅から20分ほどの場所なので実際に見に行くことにしました。

キャデラック春日井のグランドオープンでアメリカ車に思う事

まず最初にいってみて思ったのは、キャデラック春日井のスタッフの方々はみんな、アメリカの自動車を、そしてなにより自動車というものを心から愛しているということでした。実はキャデラック春日井は、もとは昨年に日本市場をさってしまったフォードの正規販売店で、やはりフォード車には格別の思い入れがあるようで、マスタングの成功が影響したと言われる私の愛車の昭和48年セリカLBを乗り付けるや、皆さん食い入るように見入っていました。

さらに、応対してくれたのはキャデラック春日井のオーナー(!)そして私が初代マスタングが好きであること告げると、ショールームとなりのコレクションルームを案内してくれたのですが、そこにはオーナー自ら作ったというマスタングのモデルカーのディスプレイがありました。説明文もレイアウトも全てオーナーの手作りによるものでモデルカーも私物のコレクションだそうです。解説文の中には私が子供の頃、テレビ放送のたびにかじりついてみていた「バニシングin60」のエレノアの黄色いマスタング・マッハ1と、DVDを見て思わずコルトパイソン357の2.5インチのエアーガンを衝動買いしてしまった「ブリット」の緑色のJJZ109のプレートを付けた67マスタングGT390ファーストバックもありました。

キャデラック春日井のグランドオープンでアメリカ車に思う事

キャデラックを見にきたはずがマスタングの話で盛り上がるという思わぬことに、聞けばここのオーナーはなんとフォードオートラマの立ち上げに関わった方で、テルスターやレーザーの名付け親でもあった方でした。まさか身近に、日本のフォード販売の歴史に深くかかわった方が居た事に驚いたと同時に、私が「オートラマ」と聞いて真っ先に「テルスター」の名を挙げたことを喜んでいただけたのは恐縮しきりでした。それだけにフォードの日本市場撤退はやはり残念だったようです。

アメリカ車の日本市場での不振について聞くと、日本市場におけるアメリカ車ブランドの訴求力を引き出すことに失敗した事に尽きるというのは、私もオーナーも一致した意見でした。一時期は、シボレーアストロやフォードトーラスワゴン等を芸能人が愛車にしたりでちょっとしたブームにもなったにもかかわらず、キャバリエやサターン、日本車キラーと鳴り物入りで登場したネオンが不振に終わったのも、アストロやトーラスはアメリカンサイズながらもギリギリ日本の道路事情でも使えてなおかつ、「アメリカ」を感じるクルマだったのにキャバリエやネオンは日本車を意識しすぎて「アメリカ」を感じる輸入車としての魅力がなかったからではないかという意見も一致しました。

キャデラック春日井のグランドオープンでアメリカ車に思う事

OEM記事提供

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:鈴木 修一郎

愛知県名古屋市在住。幼少期より自動車が好きで、物心着く前から関心の対象はニューモデルよりもクラシ...