ゆとり世代のクルマ好きを取材すると「新しい時代を作るのは老人ではない!」と感じる

公開日:Posted in ライフ by

シャア・アズナブルことクワトロ・バジーナ大尉が機動戦士Zガンダムの劇中で「新しい時代を作るのは老人ではない!」という台詞を主人公のカミーユ・ビダンに発しています。このときのクワトロ大尉の年齢は27才。主人公のカミーユはまだ10代。20代の人の台詞とはとても思えません。

取材を通じて、さまざまな20代のクルマ好きと知り合う機会が増えました。いわゆる「ゆとり世代」の方たちです。否が応でもジェネレーションギャップを感じます。もう、明らかに自分が新しい時代を作ろうとしている世代を阻害しかねない領域に差し掛かっているな、ということを突きつけられているような気がします。とにかく、アラフォー世代の筆者にはズシリとくる台詞です。

デジタルネイティブ世代ゆえ?初対面同士でも和気藹々

JDM stance
出典:http://pinthiscars.com/

かつてプロ野球では、他球団の選手との交流(特に試合中のグラウンド上)は御法度だったそうです。最近は1塁ベース上で話している姿を見ることもあります。かつて、走り屋が集まるようなスポットに集まってくるクルマとそのオーナーたちは、一匹狼的な人か、仲間同士でつるんでいるようなイメージがありました(もちろん、地域や場所によって違いはあると思いますが)。

取材などでパーキングエリアなどに集まっている人たちを見ていると、初対面同士でも和気藹々と楽しそうに話している姿をあちこちで見掛けます。実際、筆者が話し掛けてみても素っ気ない(いわゆる塩対応)だったことはほとんどありません。若い世代の方ほどその傾向があるように感じます。むしろおじさん世代の方が「話し掛けるなよオーラ」が出ていることが多いような…。

リア充度が高い?

JDM stance
出典:http://www.speedhunters.com/

一昔前のクルマ好きというと、いつも男同士で行動しているせいか、女性とは縁遠い…というケースも少なくなかったように思います。やがて男のけじめ?として、手間ひまを掛けて造り上げた愛車を手放すことで、結婚資金や指輪代に化けたというエピソードを何人もの方から伺いました。人はこうして大人になっていくのでしょうか…。

翻って(単なる偶然かもしれませんが)、取材先で知り合う20代のクルマ好きの方々の集団を見ていると女の子が混じっていることが多いのです(しかも垢抜けた感じの女の子が多い!)。フットサルやクラブなど、さまざまな娯楽のひとつにクルマ趣味があって、オタクおよびアンダーグラウンド臭がしません。ちょっと羨ましくなってしまいます。

クルマの見た目はやんちゃ。オーナーはびっくりするくらいの好青年

JDM stance
出典:http://zilvia.net/

ちょっと厳ついクルマに乗っていて、昔だったら明らかにやんちゃな格好をしている人に取材を通じて話し掛けることもしばしばです。正直「話し掛けて大丈夫かなあ」と思うこともあります。ところが、いざ話し掛けてみると、拍子抜けするくらいものすごく好青年で、しかもかなりディープなクルマ好きだったりします。

正直、おじさん世代だったら眉をひそめような改造をしていることもあります。その絶妙な車高を導き出し、実用性を兼ね備えるまでいかに大変だったとか、愛車に掛けるこだわりとか。そういうオーラって伝わるようで、自然と周囲に人が集まってきます。こうなると「若いし、独身だからそこまで無茶できるんでしょ?」というおじさん世代から皮肉が聞こえてきそうですが、妻子がいて仕事もバリバリこなしているような方も少なくありません。

「昔は結構やんちゃしてたっスけどね」といいつつ、取材のあいまにざっくり年収を聞いてみると、びっくりするくらい稼いでいたりします。そうでなければ、現行モデルのトヨタ アルファードをローダウンしてフルエアロは組めません。さらに全席にテレビモニターを備えつけ、それでいて妻子持ち。仮に共働きだったとしても、それなりに稼ぎが必要です。「将来、独立して稼げるようになったら、バシッとベンツのSクラスを新車で買ってみたいっスよね」なんていわれた日には正直脱帽です。10年以内に本当に買っていそうです。

あわせて読みたい記事

OEM記事提供
この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

カレントライフの副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の...