ゆとり世代のクルマ好きは、父親の背中を見て育っているという5つの事実

公開日:Posted in ライフ by

「若者のクルマ離れ」だけでなく「ビール離れ」や「恋愛離れ」…等々。いろいろな「離れ」が報道され、もはや何に熱中しているのだか分からなくなるときがあります。ここ最近ならポケモンGOでしょうか。ポケモンが人気だったころ、筆者は既に社会人でした。打ち合わせで伺った版元の出版社には「ポケモン事業部」があって驚いたことを覚えています(ちなみに「ドラえもん事業部」もありました)。

幸いなことに、筆者の周囲には「若者のクルママニア」がたくさんいます。筆者がまったく知らないようなディープな情報を持っている方もいたり、ある意味では圧倒されているところもあります。

そんな「若者のクルママニア」を通じて、取材対象となる方を紹介してもらうこともあります。あるとき、彼らには共通体験があることに気づきました。

1.父親がクルマ好き(しかもディープ)だった

現代の20代のクルマ好きは、父親の背中を見て育っているという事実

やはり「蛙の子は蛙」なのでしょうか。物心ついたときには父親=クルマ好きという認識があったそうです。家のいたるところに自動車関連の雑誌があり、物置には工具類やゴミ同然?のクルマの部品が山積みに…。そして休日はクルマいじり。夫婦ケンカのきっかけが「奥さんが勝手に本を捨てた」「休みの日はいつもクルマいじりばかり」…等々、クルマにまつわるものが多いのも特徴です。

2.幼少期に洗車やクルマいじりの手伝いをしている

RUF_CTR_5

幼心に「お父さんが何だか楽しそうなことしてる」と感じたのでしょうか。それとも水遊びがしたいだけだっただけ?父親のクルマの洗車を手伝ったという話しも耳にします。大らかなお父さんならいいのですが、ボディを完璧に磨きあげている場合、お子さんはクルマに水を掛ける担当になるのだとか。確かに、洗車スポンジでゴシゴシとボディをこするな!なんていわれても、お子さんには分からないですよね。

3.父親が運転するクルマの助手席に乗った光景を鮮明に覚えている

2015-04-18-13.54.17

OEM記事提供

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

カレントライフの副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の...