フォードの日本市場撤退について、カレントライフ編集部内で議論してみた

公開日:Posted in ライフ

フォードの日本国内市場から撤退するという報道に驚いた方は多いのではないでしょうか?奇しくも、今からちょうど20年前の1996年は、バブル崩壊に伴う経営難に陥ったマツダを救済するべく、フォードが出資比率を33.4%に引き上げ経営権を握った年でした。

しかもこの報道は、インポーターであるフォードジャパンが発表するより前に、メディアが報道しました。もしかしたら、インポーターの方にとっても青天の霹靂だったのかもしれません。

フォード日本国内市場撤退について、カレントライフ編集部で意見交換
出典:http://www.netcarshow.com/

この報道について、カレントライフ編集部においても、すぐさま議論が交わされました。

登場人物:
本誌編集長渡辺氏(以後、渡辺)
ライター中込氏(以後、中込)
ライター山本氏(以後、山本)
ライター江上氏(以後、江上)

フォードが日本市場から撤退することについて報道された記事を読んでみて

——あるジャーナリストが書いた記事を読んでみて

中込:まあ、まず、まだしてないですし。なぜそう決断せざるをえなかったか、でしょうね。言うなら。※この座談会の時点では、フォードジャパンから正式なリリースはありませんでした。

江上:そこなんですね。タブーを承知でインポーターに取材に行った記事なら納得もできます。この方だって今までフォードジャパンにさんざん世話になっているはずでしょう?それが、撤退の報道となるやいなやこうやって手のひらを返すのですか?と言いたくなりますね。

Ford-Fiesta_2014_1600x1200_wallpaper_04
出典:http://www.netcarshow.com/

中込:価格とブランドのバランスは言う通りだと思います。でも本国とのコミュニケーション不足、方針の不一致。問題の根幹は別のところにあるような気がします。

江上:他のインポーターもそうですけれど、自分たちは「(日本市場は)違うんじゃないかな」と思っても、本国の言われるがままにやるしかない現状があったのかもしれませんね…。

中込:フォードジャパンが何もしてなかったから当然、と言っているジャーナリストもいましたが、結構老舗のインポーターで看板掲げているブランドですよ。クルマだって日本で組み立ててましたからね。T型なんか。他方もう少し粘っても良かったのではないか、そんな感じはしますが。

江上:ひとつ、懸念しているのは、他のインポーターがこの動きに同調しなければよいなと。いまや、東京モーターショーに出展しないところも増えましたよね。それと同じ動きになればければよいなと。

中込:気がかりですね。

Ford-Focus_ST_2015_1600x1200_wallpaper_01
出典:http://www.netcarshow.com/

渡辺:フォードの小型車はドイツを中心としたヨーロッパで大変人気があり、シェアもトップクラスです。ドイツも自国の自動車メーカーが強い、日本も同様。そんな中なぜドイツで成功して日本で失敗したのか、興味があります。

中込:個人的にもフォード・アングリアとか、ヨーロッパフォード、自動車趣味の上がりのクルマだと思うのです。そういう自動車の大きな砦を失った、そんな印象もあります。フォードが撤退、というか「フォードに見捨てられた日本」というマーケット。寂しいですね。

日本の自動車市場はガラパゴス化している?

渡辺:やはり日本は独自の自動車文化なんでしょうかね。ディーゼルの普及も遅いし、自動車税しかり、軽自動車文化など。

中込:ちょっと深読みし過ぎかもしれませんが、そういうところまで考えてしまいます。

江上:「日本における輸入車=のれん代にお金を払う」この意味合いが大きいような気がします。自分も含めてですが。

渡辺:日本のガラパゴス化についていけないということでしょうか。

江上:米フォード・モーターの「収益改善への合理的な道筋」が見えないことが理由。これに尽きると思います。

中込:ウィスキー作りと似ています。ウィスキーは熟成に10年前後かかります。原酒を作っても回収できない。ヒュンダイなんか撤退した後、いいクルマたくさん出たし、浸透しかけていたところだから、もうちょっとでゼロ点に立てたのではないか、そんな予感もしていた矢先でした。確かに江上さんの指摘のところだと思うのですが、現場を見たのかな、収支報告書の数字だけで判断してないかな?「本社首脳陣が可能な限りできることはすべてやったのか」。ここは興味があるところです。トーラスにまで右ハンドル作った会社です。198万円からモンデオを販売していた頃のことを、今の本社の首脳陣は知っているのだろうか?そのくらいのことをしたのか?と聞きたいです。そう考えると、撤退の決断をしたフォードの決定には個人的には違和感を覚えます。

江上:確かにそうですね。

中込:でも、大事なところは「2位じゃダメ」な世界というところですよね。選ばれるためには、イメージも、クルマもよくって、価格など総合的に判断して「選ばれるクルマ」でなくてはならないのです。モノによってはメルセデスよりいいものもあると思うのですが、最後背中を推させる明確なキャラクター、アフォーダブル(納得感のある)な価格など、最後に背中を押す力が弱い。ここに尽きる気がしています。メルセデスはそこは外してない。そんな感じでしょうか。ここが自動車ビジネスの、そしてクルマ選びの難しいところです、ホントに。

あわせて読みたい記事

OEM記事提供
この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

カレントライフの副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の...