フェラーリF40のライバルと目された10のスーパーカーたち

最終更新日: 公開日:2016-07-13 | Posted in ライフ by

一時期は優に100台以上のフェラーリF40が日本に生息していたといわれています。数値上は、ちょっとした限定車並みに遭遇できる確率はあったことになります。

確実に一時代を築いたスーパーカーとして、さまざまなクルマと比較されたり、ライバル関係のような図式が作られていきました。そんなフェラーリF40と可憐なるライバルたちをまとめてみました。

1.ポルシェ959

やはり事実上の最大のライバルはポルシェ959でしょう。公道に舞い降りたレーシングマシーンといわれたF40に対して、当時のテクノロジーの塊と称された959は対照的なイメージで紹介されました

2.RUF CTR

30台の生産台数に対して、日本には1/3前後の数が上陸したといわれているRUF CTR。スペック上のパワーもほぼ同じ。ただしCTRの場合は「最低保障馬力」という意味合いとなります。実質的にはCTRの方がパワーは上だったのかもしれません

3.ランボルギーニ ディアブロ

同じ時代を生きたスーパーカーとして、雑誌の巻頭を飾ることもあったこの2台。ディアブロも、販売開始当初は赤や黄色の個体が多かったためか、F40と並べると画になった1台といえるでしょう

4.マクラーレンF1

マクラーレンF1の方が8年近く後にデビューしている時点で、スペックや性能面ではF40には分が悪いかもしれません。しかし、何かと比較されることの多い2台でした

5.ブガッティEB110

4WD、クワッド(4基)ターボという性能を引っさげて華々しくデビューするも、当時のブガッティ社がなくなってしまうという憂き目にあい、半ば幻のクルマのような印象もあるブガッティ。あのミハイル・シューマッハもオーナーの1人でした

6.チゼータV16T

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

カレントライフの副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の...