取材を通して感じた、運命のクルマを引き寄せる5つのシンプルなこと

公開日:Posted in ライフ by

何やら本のタイトルのようですが・・・。日々、日本車・輸入車、最新・旧車問わずさまざまなオーナーさんを取材させていただいています。

車種や世代を問わず、本当にいまの愛車を大切にされています。

そこで、実体験とオーナーさんへの取材を通して感じた、運命のクルマを引き寄せる5つのシンプルなことをまとめてみました。

1.想いの強さは比例する

2015-04-18-13.56.11

もちろん、家庭の事情などで現時点では諦めざるをえない場合も間違いなくあるはずです。諦めたらそこで終わりです。

子どもの頃から…とか、若いときに街で見掛けて一目惚れしてから…等々。原体験が強く影響していることも多く、しかも共通しているのが「手が届かない…と、悶々としている期間が長い」ことです。小学生のころ、やっとの思いで買った漫画の単行本。ボロボロになるまで読んだのが懐かしくなって、大人になって改めて全巻まとめ買い。でも、あの頃のような感動はなかった…というのはよくあること。頑張って頑張ってようやく手に入れられた…くらいがちょうどいいのかもしれません。

2.周囲にアピールする

top2

欲しいクルマとアピールする相手にもよりますが、例えば「僕はいつか必ずフェラーリが欲しい!」と伝えておくのもありだと思っています。もしかしたらオーナーさんを紹介してくれるかもしれないし、助手席に座らせてくれるかもしれない。ツーリングにも連れて行ってくれるかもしれません。

確実に世界は広がりますし、その中から「今度、このフェラーリを手放すから買わないかい?」というスペシャルオファーが舞い込んでくるかもしれません。愛車を手放すのは名残惜しいけれど、大切に乗ってくれる人が身近にいるなら下取り価格でいいよ、なんてことも現実としてあります。

3.とにかく仲間との繋がりを大切に…

取材を通して感じた、運命のクルマを引き寄せる5つのシンプルなこと

これは間違いないです。断言できます。クルマに憧れているとき、探しているとき、手に入れたとき、壊れたとき、手放すとき…。あらゆる場面で相談に乗ってくれたり、助けてくれる仲間の存在は非常に大きいものです。まさに「喜びも悲しみも仲間とともに」です。

もちろん1人で楽しみたいという方もいるでしょう。それでも、いざというときに助けてくれたり、相談に乗ってくれる仲間がいてくれるに越したことはありません。普段、素っ気ないかなと思う方が親身になって相談に乗ってくれたり…。案外、世の中捨てたものじゃないと信じたいものです。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

カレントライフの副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の...