変態なクルマ好きにとっての水遊びといえば・・・洗車ですよね?

公開日:Posted in ライフ by

夏といえば、水遊び。変態な大人にとっての水遊びといえば、洗車ですよね(笑)。いいえ、クルマにまつわるハナシですからご安心(?)ください。

ここまで蒸し暑い日が続くと洗車が進みますよねー。・・・というわけで、今回のテーマは「洗車」ですが、いつも通りちょっと変態な話になりそうでごめんなさい。

旧いクルマばかり乗っていると、ボディのコンディションはまちまちです。塗装に元気がなくてあんまりゴシゴシ洗いたくなかったり、ちょっと錆びてたり、よく見ると穴が・・・(以下省略)。そんな旧いクルマでも意外なほどシャキっとする洗車方法がある。当然「そんなことは知ってるよ!」という読者も多いとは想像するが、答え合わせとしてお読みいただければと。

1.ホイールはキレイに!

夏の洗車

輸入車の場合は特にそうだが、ブレーキダストによってホイールの内側が汚れがちになる。国産車の場合は、ブレーキダストをできるだけ出さずに性能を発揮するため、ブレーキパッドやローターの価格が輸入車よりも高くなりがち。というより、輸入車はブレーキパッドとローターだけはとても安いというイメージがあるほど、消耗品として割り切られているようだ。

それにしても、どれほどボディがキレイでも、ホイールが汚いクルマはキレイに見えない。特に、フロントはリアよりも大きなブレーキパッドが装着されているので、汚れも激しくなりがち。できれば専用の洗剤やブラシを使ったりしてキレイにしてあげたい。ただし、ブラシを使うと、洗っている自分自身にもブレーキダストが飛んでくることがあるので、筆者は軍手を使うことをオススメする。細やかに指を使って掃除できるので、キレイになること間違いなし。そして、ローテーションが可能かどうかは関係なく、数ヶ月に一度、タイヤを外して、軍手を使っても手が届かない内周もキレイにしてあげると、驚くほどシャキっとする。同時にキャリパーもキレイにしてあげたり、赤いカバーをつけたりするとキリっとしまった足元になる。面倒かもしれないが、これはカレントライフ読者の皆さんにぜひオススメしたい。

2.メッキはキラキラに

夏の洗車

旧いクルマの場合、特にウインドウの周囲や、バンパー、ボディモールがメッキだったりする。ドアハンドルやエンブレム、内装でいえば、シートのフレームなどがメッキされているものもある。ザクザクに錆びていないいない限りは、ブツブツの梨地のようになったメッキ部分はキラキラにしてあげよう。まずは耐水ペーパーで表面を慣らし「みんな大好きピカール」で光らせ、最後はコンパウンドで仕上げる。このとき、力を入れすぎてメッキを剥がしてしまわないことが大事。あせらず、ゆっくり、優しく磨くことが大切だ。

あとはできる限り、車体から外しボディに接している境界あたりもキレイにするのがコツ。ここは汚れがたまりやすく、車体つけたまま磨くと、車体側も削れてしまい、悲しいことになるケースがあるからだ。手間を惜しまず、可能な限り分解して磨くことを心掛けたい。

黒いところはより黒く。筆者オススメのアイテムは?

夏の洗車

ネオクラッシックなクルマな場合、ウレタン部品が使われていることがある。バンパーやドアミラー、フロントグリルも一部ウレタンだったりする。汚れだけでなく、紫外線による経年劣化で白っぽくなってしまうことがあるが、これもボディをいくらキレイにしてもキレイに見えない原因のひとつだ。

手間をかけないで一瞬ですませるなら、タイヤクリーナーのようなものを吹き付けておく手もあるが、この方法だと周囲に飛び散ってしまうのと、耐久性の点から個人的にはオススメしない。そこでここはアーマオール一択だ。ピカールに続く定番。ここでも筆者は軍手を使う(当然、ホイール用とは別ですよ)。軍手の指先にシュっとスプレーし、必要な部分だけに成分が行くようにするためだ。ダッシュボードもアーマオールでいけるが、直接スプレーするとガラスにもかかってしまい、これの回復にも時間がかかってしまう。そう、軍手は万能選手なのだ。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:ryoshr

若い頃から空冷VWを楽しむ自称「クルマ好きのおっさん」。IT企業に勤務している知識を活かして、1990年...