クルマ好き同士のオフ会&飲み屋で繰り広げられる「あるある会話」20選

最終更新日: 公開日:2016-02-17 | Posted in ライフ by

古くはML(メーリングリスト)や、mixi、みんカラ。ここ数年だとFacebookなどを通じて知り合った方同士で、ツーリングを兼ねたオフ会や、忘新年会等の各種飲み会に参加されたことがあるかもしれません。本記事は、そんなクルマ好き同士のオフ会&飲み屋で繰り広げられる「あるある会話」20選にまとめてみました。

愛すべきクルマ好きあるある20(オフ会&飲み屋編)

1.これまで散々ネット上でやりとりしているので、初対面なのに初めて会った気がしない

2.会話の中身は[クルマ→バイク→自転車→時計→カメラ→鉄道(模型)→飛行機→またクルマ]あたりでループしている

3.W124とか、AE86とか、端から見れば日本語とは思えない会話をしている
IMG_2920

4.で、隣の女子会メンバーがドン引きしていることに気づいていない

5.メンバーのなかの誰かが、密かに「この日のための持ちネタ」を用意してきている
image1-8

6.暗黙の了解で、お互いのショップ(メカニック)自慢はしない。ケンカになるので

7.でも、自分の愛車を預けているところが一番だと(口には出さないけれど)信じている

8.そんなことあるわけないのに「欲しいクルマ1台くれるとしたら何がいい?」という会話をしている

9.中古車検索サイトや店舗のストックリストに掲載されているクルマで会話が成立する

10.買えるわけでもないのに、お気に入りのクルマが売れると本気でへこんでいる点も共通

11.ASK表示の価格はおおよそ検討がつく点も共通(もはやプロ並み)

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

カレントライフの副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の...