コードネームW126「2代目ベンツSクラス」こそクルマの中のクルマ

最終更新日: 公開日:2014-11-11 | Posted in 車悦 by

メルセデスベンツの中心的な乗用車モデルが「Sクラス」と名乗るようになって2代目のクルマが、社内コードネームW126と呼ばれるモデルです。1979年~1991年まで10年以上の長きにわたって生産され、ロングホイールベースはV126、クーペはC126と、独立したコードネームが与えられていました。

それまでの長い歴史も背負いつつ登場したこのクルマは、世界中の富裕層からの信頼も厚く、トータルで90万台弱の生産台数を誇ったメルセデスベンツの大型乗用車です。高価なクルマですが、豪華絢爛というよりは質実剛健、信頼性と高い品質をその旗印に掲げた「最高の道具」として一目置かれる存在となったのです。

( ※編集部追記:当記事は過去にメルマガ配信した記事です)

コードネームW126、クルマの中のクルマ「2代目ベンツSクラス」

そして、この2代目のSクラス、私の好きなメルセデスの一台でもあるのです。一見全く華がないようでありながら、そのプレーンなフォルムは、むしろ圧倒的な存在感を誇り、それでいて気負わず乗れる実用車の域を逸脱せず、むしろ現在のクルマたちと比べると「コンパクト」ですらある大きさ。実際、最近よく見かけるマツダアテンザとも、いくらもサイズは変わりません。(ショートホイールベースのW126)そしてさらに、歳月がなせることか、Sクラス特有の「ある種の見栄」が希薄になり、その剛健な実用車の面だけが突出するように感じられてきているように思うのです。今からたどると、かれこれ四半世紀近く昔のクルマになりますが、今これに乗るのはアリではないだろうか。そんな気がしています。

そもそも1980年代から90年代を駆け抜けたこのW126ですが、今思えば世の中の車の頂点は、この時代にあったのではないか。そんな風に感じるのです。Sクラスに関しても、ベースの300SEは直列6気筒3000ccエンジンでしたし、車重も1580kg。極めてコンパクトにまとまっています。全長も5メートルを切り、4隅がしっかり見渡せるボディは運転支援装置要らず。すべてがコンパクトでありながら、これで足りる、というかかなり早いペースにも追従する。最近は、多くのクルマがダウンサイジングエンジンを搭載し、高性能ながら「コンパクト」という考え方を大事にし始めている。あれを見るとこの頃のクルマに帰っているような感じさえするほどです。

コードネームW126、クルマの中のクルマ「2代目ベンツSクラス」

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...