刮目せよ!ND型マツダ・ロードスターの示唆は6速ATにあり

公開日:Posted in 車悦 by

発表初月の受注台数が5,000台を超えたというマツダNEWロードスター。

今時のクルマにあって、約7割ほどがマニュアルトランスミッションだといいます。2シーターロードスター、そういうクルマの成り立ちをみれば「それはそうでしょう」と思う方も多いかもしれません。しかし、この状況を見て、もっと「オートマチック」にも注目してほしい、そう思わずにはいられないのです。

IMG_5579

確かに自分でギヤを選んで走るのは楽しいですが、そのアトラクティブな行為で見えにくいものがオートマチックではしっかり味わえるように思うのです。最適化された重量配分というか、魂が宿ったあらゆるものの搭載位置へのこだわり。それがもたらす鼻先が吸い込まれていくようなハンドリング。しなやかなボディ。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...