オートマでもいい。911とできれば一緒に暮らしてみたい

公開日:Posted in 車悦

先日イタリアLpr社のブレーキパッドを試すというので、ガレージ・カレントさんの在庫の997カレラ4Sを試乗する機会がありました。純正に引けを取らないばかりか、ヨーロッパでは名だたるメーカーの車種に純正採用されるレベルの製品づくりができるメーカーの代物。「刻印の有無」くらいしか純正ではないことの意味を示す証拠はない。そういってもいいような安心を感じる事ができるブレーキパッドでした。

( ※編集部追記:当記事は過去にメルマガ配信した記事です。)

img_4594-900x675

そしてそれにつけても911っていいクルマですね。ティプトロニックのカレラ4Sですので、一番操作が楽で、安心感の高いモデルということができるでしょう。RRのモデルよりはステアリングの軽快さは感じられませんが、それでもあの4駆にしたことでの安心の上乗度合いはやはり、「後輪駆動で低重心の水平対向エンジンを載せている」ことからお話をスタートさせていることに依るのではないか。妙に説得力を感じるのです。

年に一二度というような大豪雨の中、借り物のポルシェ911です。高速道路でも全く不安なく、むしろこれ以上安楽にあの環境を走り切れるクルマはないのではないか。そう思うほど快適だったのです。

あわせて読みたい記事

OEM記事提供
この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...