皆さんにとって、クルマで聞くラジオとはどんな存在でしょうか?

公開日:Posted in 車悦 by

クルマに乗るとしばしばラジオを聞いています。朝と午後、そして夜はNHKでクラシック音楽も放送されますので、そんなのをよく聞いたりしています。あの番組の中でずいぶん好きな曲のレパートリーも増えたと思います。みなさんにとってラジオとは、特にクルマで聞くラジオとはどんな存在なのでしょうか。

最近ではインターネットラジオも発達。全国様々な場所のラジオを聴くこともできますし、クルマのオーディオもBluetooth対応のものが多く、スマートフォンなどでそうしたインターネットラジオを受信してその内容をカーステレオ(とはあまり言いませんね)で聞くこともしばしばです。実は集中しすぎていないがゆえに結構様々なことが車窓の風景、車で出かけた先での思い出とシンクロして頭に入り、印象として残ったりするものです。

サントリーサタデーウェイティングバー アヴァンティ

カレントライフ編集部でよく今でも話題に出るのが、かつてTOKYO FMで放送されていた「サントリーサタデーウェイティングバー アヴァンティ」です。東京元麻布にあるイタリアンレストランアヴァンティのウェイティングバーに、毎週様々なオーソリティーがやってきては、グラスを傾けながら繰り広げられる「東京一の日常会話」を盗み聞きする体裁のトーク番組。あいだあいだで粋なジャズを中心にした名曲がかかり、その選曲も含め、とてもハイセンスでした。

サントリーサタデーウェイティングバー アヴァンティ

まさにあれも東京の週末の夕方を彩り、多くの人にいろいろな思い出と相まって様々なジャンルの話題を提供してくれた知識の宝庫、流行の教科書だったといえるかもしれません。耳で聞く雑誌のようなキャラクターもあったように思います。ああいう世界が好きな人がたまたまですがカレントライフ編集部には集まっていて、あの番組はよかった。あの番組また復活しないだろうか。ぜひ復活してほしい番組はアヴァンティだ、と口々に言いあっているものです。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...