おもちゃを選ぶのも迷う季節ですが…ドイツのクリスマスは「クリスマスマーケット」が人気

公開日:Posted in ドイツ現地レポ

気が付くと紅葉も綺麗。そんな秋も終わりを迎え、11月後半にさしかかりました。今年も残すところあとわずか。早いものですね。そろそろ街の中も少しづつクリスマスの雰囲気に。ヨーロッパの方が本場ですから、皆楽しみにしているのでしょうね。シュトーレンなんていうパンがあるというのを聞いたことがあります。硬いお菓子のようなパンで、少しづつ食べ進めるほどに、クリスマスに近づいていく。そんな風に食べるそうですよ。ドイツからレポートでそんなクリスマスに向かう時季の様子が届きましたよ。

(編集部追記:当記事は過去配信した記事の改定版です)

ドイツのクリスマスでは「クリスマスマーケット」というのが人気

本場ヨーロッパの「クリスマス」について

本場ヨーロッパの「クリスマス」について

ドイツのクリスマスでは「クリスマスマーケット」というのが人気なようです。各地方で開催されており出店が並び、賑わいドイツ人はみな、このクリスマスマーケットをとても楽しみにしているようです。日本でも年末になると酉の市など風物詩的な縁起物を買うお祭りのような市場もありますし、お正月に向けて上野のアメ横はじめ、市場は大賑わいしますね。ああいった感じかもしれません。

本場ヨーロッパの「クリスマス」について

クリスマスマーケットでは「グリューヴァイン」を飲まねばなりません。赤ワインにシナモンなどを入れて温めて飲むホットワインです。ドイツの冬はとても寒いのでぴったりな飲み物ではないでしょうか。写真のようなかわいいカップに入っていて、カップは持って帰れます。お店にカップを戻すと、カップ代が返金されるそうです。こんなところも一年を締めくくるイベントでもあるクリスマスらしい仕組み、ついつい集めてしまう人なども多いのではないでしょうか?

クリスマスツリーはもちろん「もみの木」

本場ヨーロッパの「クリスマス」について

本場ヨーロッパの「クリスマス」について

またクリスマスといえばクリスマスツリーは外せませんね。あちらドイツには「もみの木」は公園や、いろいろなところにたくさんある極めて身近な木だそうです。そのままクリスマスツリーになりそうですね。

そういえば、東京に「代々木」という地名があります。明治神宮も近い一帯ですがあの「代々木」とはもみの木だそうです。今の明治神宮はもともと井伊家の屋敷でそこに大きなもみの大木があったことから、一帯を代々木と呼ぶようになったという説が、由来の中にあるそうですよ。あのあたりといえば表参道のイルミネーションが有名ですし、明治神宮といえば初詣のイメージがありますが、そんなことよりも、「クリスマスにこそ明治神宮の杜」へ出かけ、その木々の息吹に耳を澄ますべきなのかもしれませんね。

ドイツのおもちゃ屋さん、おもちゃ売り場の様子とは

そしてクリスマスプレゼントといえば、おもちゃですね。ドイツからもこの時期のおもちゃ屋さんの様子が届きました。今でもおもちゃ屋さん、おもちゃ売り場に行くとついつい見入ってしまいます。可愛らしいフォルム、色。また何をモチーフにした商品か、などに思いを巡らせていると、昔とはまた別の感覚でおもちゃの楽しさ、奥深かさを感じます。お国が変われば同じような商品でも色使い、素材などもわれわれの慣れ親しんだものとは違うもの。子供向けの商品ではあるのですが、おもちゃというのも侮れないものを感じるのです。これからのシーズンを楽しみにしているのは子供も大人といっしょ。クリスマス、お正月、プレゼントに貰うもの、お年玉を握り締め、買いに行きたい欲しいもの。限られたお金で何を買うかは、子供たちにとっては大問題ではないでしょうか。

ドイツのおもちゃ屋さん、おもちゃ売り場の様子!

OEM記事提供
この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...