漆黒の内装がクール!ベルリンで見かけた希少なスポーツカー「Wiesmann(ヴィーズマン)」

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

オープンカーのオーナーたちがみんな屋根を開け放って走っていそうなほど、突き抜けるような青空のある日。買い物をしていた筆者は、とある駐車場で見慣れないクルマを発見しました。地を這うような低い車高、イギリス車を思わせる小柄で丸みのあるクラシカルなスタイリング、特徴的なフロントのグリル、ホイールアーチいっぱいに収まった20インチのミシュラン・パイロットスポーツがただならぬ雰囲気を漂わせています。「これが、あのWiesmann(以下、ヴィーズマン)か!」今まで写真でしか見たことのなかった、筆者にとって初めてのヴィーズマンとの邂逅でした。

かつて存在したスポーツカーメーカー、Wiesmann(ヴィーズマン)

Wiesmann(ヴィーズマン)
▲愛嬌のあるフロントマスク

以前、カレントライフでもご紹介したことのあるヴィーズマン。1988年にデュメルンという、人口4万6千人ほどの小さな町で生まれたメーカーです。デュメルンのあるノルトライン=ヴェストファーレン州は、ドイツで最も西に位置する州で、州内には日本人にも馴染みの深いデュッセルドルフやケルン、ドルトムント、ボンなどの街があります。ヴィーズマンは2014年に倒産、メーカーとしての歴史に幕を下ろしました。その間に生産されたクルマの総数は、わずか1600台あまりと言われています。

ヴィーズマンは、マーティン・ヴィーズマンとフリートヘルム・ヴィーズマンのふたりの兄弟によって創業されました。カーディーラーを営んでいた両親の元で育ったふたりは、古典的なスポーツカーに影響を受け、自分たちのクルマを作るために立ち上がります。

Wiesmann(ヴィーズマン)
▲うって変わって迫力満点のリア

かつてのクラシックカーに見られたような、オーナーの価値観や美意識によって全てをオーダーメイドで仕立てるクルマ作り。そのためには、当然ながら全てをハンドメイドで作らなければなりません。そのため、大量生産は望めませんが、その他大勢と一線を画するクルマを作り上げたいヴィーズマン兄弟にとって、生産数は大きな問題ではありませんでした。

ヴィーズマンはシンプルなコンセプト、精緻な仕上げ

コンセプトはいたってシンプル。スペースフレームで構成されたシャシーに、ガラス繊維を織り込んだFRPで成型したボディを載せます。BMWから供給されたエンジンをフロントに搭載して、リアタイヤを駆動。屋根は開閉できるようにして、シンプルかつ軽量な幌を装着。2座席と割り切って、車体は極力小さく、軽く作られました。内装は職人のミシン縫いによる革張りとして、多様なオーダーに対応。このように、ハイテクで武装したスーパーカーばかりがはびこる世の中で、ヴィーズマン兄弟が目指したのは、ハンドメイドの素晴らしさが息づくオーセンティックなスポーツカーでした。

Wiesmann(ヴィーズマン)
▲エンブレムはヤモリ。ドイツでは「Gecko(ゲコー)」と言います

こうしてできあがったのが、「MF30」という最初の量産モデルです。「MF」は、マーティンとフリートヘルムの頭文字から取られています。全長は4mを優に切る3m86cm、全幅はポルシェ911(タイプ993)より2cm大きい1m75cm、全高はたった1m16cmと非常にコンパクト。その小さな車体に231hpを発生するBMW製2979cc直列6気筒エンジンを搭載して、車重はわずか1080kgに収められていました。その後、MF30の発展型となる「MF3」を発表。以後はロードスターだけではなくクーペモデルも生産を開始し、GT MF4、GT MF4-S、GT MF5、ロードスターのMF4、MF5と次々を新型車を発表していきます。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...