クラクションで盛大に祝うのがドイツ流!ドイツの結婚式に行ってきました

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

先日、ドイツ人友人の結婚式に参加してきました。今まで日本、中国、イタリア、ドイツの4か国で結婚式に呼ばれてきましたが、ヨーロッパの結婚式はまさに「スタミナ勝負」なんです。そこで今回は、ドイツの結婚式についてご紹介します。

P7272104

まずドイツの結婚式は、戸籍役場での結婚式と教会での結婚式と2通りあります。戸籍役場での結婚式は法律で決まっており、役場職員の取り仕切りの元、ここでオフィシャルに新郎新婦は夫婦と認められるわけです。教会での式は夫婦どちらかがキリスト信者の場合のみ挙げることができます。大体は午前中に役場での結婚式〜昼に教会挙式のダブルで行うパターンが多いようです。

筆者は教会挙式から参加させてもらいました。教会を出た後は、ウェルカムシャンパンで乾杯。教会前で、夫婦初の共同作業として丸太をのこぎりで切ったり、大きな布をハート型に切りぬくのを見ながら、それぞれ祝いの言葉をかけたり写真撮影の時間になります。

結婚車列はクラクションの嵐

式後、晴れて夫婦となった2人は飾りの施されたクルマに乗って市内を周遊し、披露宴会場まで向かいます。このとき、私たち参列者も後ろを走って車列を作るのですが、その際クラクションをこれでもかー!というくらい鳴らしながら走ります。

これは昔の礼砲の名残と、音を鳴らして新郎新婦に寄りつく悪霊を防ぐためとされています。今となっては土曜日の昼に派手にクラクションが鳴っていれば「誰か結婚式なのね」と思いますが、初めて聞く人はかなり驚くと思います。

P7272105
▲クラシックカーのレンタルも人気ですが、マイカーにデコレーションする人がほとんどなのだとか

この車列が移動しているときに、対向車線を走る他のドライバーたちもこの結婚式の一団に気づくと、「おめでとう!」という気持ちを込めて、クラクションを陽気に鳴らし返しながら祝ってくれます。こちらも幸せな気持ちを味わえるようで、個人的にもこのクラクション文化とても好きです。ドイツの街中でクラクションが大量にならされるときは、結婚式か、サッカーの試合でドイツチームが勝利したとき。この2つに限りますね!

ここからが体力勝負、ドイツの披露宴とは?

さて、クルマで移動して30分ほど経ちました。日本のように式場と披露宴会場が併設されていることはありません。ドイツでは、式場から離れたレストランやカフェで披露宴が行われます。ここから「長い長いドイツの披露宴の始まり」です。日本では長くとも2~3時間で終わりますが、ヨーロッパでは夜明けまで続きます。

P7272115
▲今回の会場は山奥のペンションレストランでした

ドイツの結婚式は手作りが好まれ、今回の会場もとてもアットホームな雰囲気でした。日本のように、席も決まっておらず、ドレスコードもありません(普段着の方も多数)。屋外にテントが設置され、外には前菜や持込みのケーキがずらりとならびます。

OEM記事提供

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

福井県生まれ奈良県育ち。京都外国語大卒。ドレスデン工科大学修士課程卒。高校生からドイツに恋して在...