フォルクスワーゲンのバン、このカラベル後期モデルはキャンピング仕様

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

私はかつてスバルのディアスワゴンに乗っていたことがあります。リアエンジンリアドライブ(RR)のワンボックスで、660ccながら当時スバルでは直列4気筒エンジンしか生産しておらず、ずいぶん後ろの低い位置でエンジン音がするのが、妙におかしいほどでした。ドイツからフォルクスワーゲンのバンのレポートが届きました。この3代目まではRRレイアウト、要は大きなサンバーのようなものだと昔から思っていたりしています。一般的にはサンバーが「小さなワーゲンバス」なのかもしれませんが。

10313861_827590477348114_3122461124506139664_n

フォルクスワーゲンとして3代目の商用車群はT3、その乗用車仕様には初めて「カラベル」という愛称がつき、日本にも正規輸入されヤナセで販売されていました。ちなみにこの車のエンジン水平対向4気筒でして、登場ベースではフォルクスワーゲン最後のリアに搭載された水平対向エンジンモデルでしたね。この面構えは後期モデルでしょう。ヘッドライトとバンパーで幾分モダーンな印象になっております。

そしてこのクルマは、ウェストファリアのキャンピング仕様のモデルですね。本格的なインターコンチネンタル的ロングトリップ向けと言うよりは「車中泊仕様」というには、リッチなキャンパーといったところでしょうか。しかし、このタイプのワンボックスベースではかなりのブランド。この頃のモデルは、このワーゲンカラベルベースのものを日本でもよく見かけましたね。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...