ドイツの交通標識とお散歩中に見逃せないクルマ@ドイツ現地レポ

最終更新日: 公開日:2015-06-17 | Posted in ドイツ現地レポ by

今年はなんだかなかなか暑くならないような気がしていましたが、ようやく汗ばむ陽気になりましたね。ちょっと日が落ちると、なんだか寒いという日も続いているような印象でしたが、それでも外出が億劫になるほどの冷え込みということでもなくなったこの時期、お散歩なんかに出たくなるのは私だけでしょうか。アンダンテ♩アンダンテ♩『歩くように』という指示は楽譜にも書いてありますね。そんなことを口ずさむとすうっと爽やかな風がほほを伝います。そんな初夏の日々もしっかりと満喫しておきたいものです。

ドイツの交通標識とお散歩中に見逃せないクルマ@ドイツ現地レポ

さてドイツでも初夏を満喫、ということでもないのでしょうが、お散歩をしていると目にするもののレポートが届きました。ドイツの交通標識。「Fahrräder frei」は上にある標識に言及しています。この特別の道に自転車運転手は入ってもいいという意味だそうです。基本的には歩行者専用道路。絵はお母さんと子供でしょうか?日本のとは少し違いますでしょうか?日本のはハットをかぶった紳士と子供のような絵ですよね。お国柄というか、所変わればこういう違いも出てくるのかもしれません。

ドイツの交通標識とお散歩中に見逃せないクルマ@ドイツ現地レポ

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...