自動車大国といえど…ドイツでも深刻化する「若者のクルマ離れ」

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

日本でも度々話題となる「若者の〇〇離れ」。特に取り上げられるのは、日本をはじめとする先進国で深刻化している「クルマ離れ」。アラサー筆者の日本に住む同世代の友人もマイカーを持っている人は少なく、敢えて持たないという人も。そしてドイツも例外ならず、若者のクルマ離れに悩んでいると言います。

IMG_2184

筆者も、ドイツ国内で地方都市から田舎町へ引っ越しました。都市部に住んでいたころは、クルマが必要だとは1ミリも思いませんでした。24時間、10分間隔でトラムとバスが走っていて、街のほとんどの地域をカバーしています。クルマの方が駐車場を探しに苦労するし、料金も高い。必要なときはいつでも街中にカーシェアリングやレンタカーがあるから困らない…。このように、都市部に住む若者たちを中心にクルマの必要性は少なくなっています。

クルマがステータスの時代は終わった

IMG_2201

社会的ステータス、そして個人的成功を表す対象がクルマだった時代は日本だけならずドイツにもありました。若者たちはお金を免許・自動車代に貯めるのではなく、電子機器や旅行に使いたがる傾向がドイツでも同じです。

モノが飽和し、どんどんデジタル化していく時代。若者たちの興味の対象も移り変わっていきます。若者世代の貯蓄の対象に関してドイツ銀行が調査したところ、26歳以下の52%が消耗品、23%が学費、17%が老後のためという結果になりました。消耗品の中でも、クルマと答えたのはわずか10%以下。ドイツでは2000年時点で18~29歳の44%がクルマに興味を持っていたのに対し、2016年は31%でした。

最近のステータスシンボルは、最新スマートフォンであったり、限定品のマウンテンバイクや家具など、様々なジャンルで個人のこだわりを表すことが重要なようです。今や若者たちにとって、クルマはステータスシンボルではなく、社会生活において「便利なツール」という位置づけになりつつあるのが現状です。

免許は取るが、クルマは買わない

ドイツの大都市シュトゥットガルトでは、18~25歳の自動車保有台数が2000年は12,600台だったのに対し、現在はわずか5,000台。全国的に見ても20年前の同年齢層における自動車保有率は50%でしたが、現在はわずか25%という結果になっています。

しかし、自動車免許取得率は保有率と比べ、大きくは減少していません。ドイツでも就職時などの資格を考え免許取得する人は多く、一番多い年齢は23~24歳。21歳以下で取得する人は全体で30%、18歳で免許取得しているのはわずか20%となっています。取得意欲が弱まり、年齢は高くなっているものの、クルマをいずれ利用したいという意欲は未だに高いと言えます。

日本では、就活や休暇中の旅行に備えて学生時代に免許を取る人が多いのではないでしょうか。ドイツは卒業時期もバラバラで、20代後半という人も珍しくありません。ドイツでは原則的として、卒業後に就職活動を初めます。アルバイトをしつつ、学校を卒業から1~2年後に初めて企業に就職するということも少なくありません。在学中は学業に集中し、免許取得は卒業後、または就職してからという人が多いようです。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

福井県生まれ奈良県育ち。京都外国語大卒。ドレスデン工科大学修士課程卒。高校生からドイツに恋して在...