日本では激レア車!デュッセルドルフのかわいらしいHナンバーゴルフキャディ

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

日本ではルノーカングーが人気ですね。乗るとわかります。とても多目的で割り切っているのです。もはや外車だからではないですね、あれは。そして商用車用のギヤ比で結構きびきびと走ります。もちろんオートマチックは主に日本市場、乗用車仕様のクルマ向けでしょうからそれほどでもないですが、マニュアル車はちょっと暴力的すぎるのではないか?そう思うほどクイックな加速を見せますね。フォルクスワーゲンにも実はああいうクルマが存在しますね。その名を「キャディ」と言います。

現行モデルはゴルフ的な顔を持ち、それだけかなり立派なクルマになっていますが、昨日・今日、それこそカングーのマネをして出しただけのクルマではなく、以前から軽微な商用車としてひそかな人気モデルだったようです。

ドイツからの便りで送られてきたのは、そんな初代のキャディ、ゴルフ1ベースのモデルの写真でした。このあたりももうHナンバーの領域に入りつつあるクルマですね。

ゴルフの北米向けモデルである、ラビットのトラック仕様としての需要が最初のきっかけだったクルマですね。もちろん商用車としても需要は多かったですが、若者が最初のクルマとして選び海にサーフィンをしに行く。そんなときの頼れる相棒として小気味よいトラックは人気だったのです。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...