ポルシェの新たな一員はミツバチ?ポルシェの養蜂プロジェクトが本格始動!

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

「ポルシェが6万の従業員を新たに雇用!」というニュースを聞いて驚くのは、ドイツ在住の筆者だけではないはずです。業績がよかったため、今年のボーナスは全従業員に9111ユーロ(911にちなんで)を支払ったという『太っ腹ポルシェさま』でも、なにもそこまで?と思い、真相を探るべく、同社ホームページをのぞいてしまいました。すると、ポルシェの一員となったのはなんと人間ではなく、「ハチ」。これはポルシェが養蜂場を事業誘致した、という話で、ミツバチ、そして牛や馬などの動物たちがポルシェに仲間入りしたというのです。

ドイツ人にとって欠かせない「ハチミツ」

ミツバチの贈りものであるハチミツは、ドイツ人の食卓に欠かせないものです。食べ方や蜜の種類にもこだわりがあり、専門店などもよく見かけますし、スーパーでさえ品揃えは驚くほど豊富です。ドイツは、はちみつの品質基準を定めた「ハチミツ純正法」という食品法もあり、世界でも「ハニースタンダート」とよばれている国です。

それほどハチミツは重要な存在なのですが、世界的にミツバチの数は年々減少しています。ドイツでもこの問題は深刻で、国内560種のミツバチの約半分が「絶滅危惧」のカテゴリーに入っています。気候変動・病原菌・免疫機能不全・農薬や殺虫剤・遺伝子組みかえ農作物でミツバチたちの生態系が破壊されているのが原因といわれていますが、ドイツに約250万いた養蜂家の数もここ60年で100万以下に激減しました。

そこで、ドイツのハチミツを守るべく立ち上がったのがポルシェでした。ポルシェは今年5月よりライプツィヒ工場敷地内にて、養蜂スペースを提供し、25の養蜂家たちを誘致したのです。

ポルシェの養蜂プロジェクトが本格始動

ドイツ東部に位置するポルシェ・ライプツィヒ工場は、生産力強化のために2002年に設立されました。広大な敷地にはテストコースもそなえており、生産はもちろん、一般訪問者向けの見学、イベントも行っているオープンな施設です。年間3万台超の生産能力をもち、現在は人気上昇中のカイエン、マカンとパナメーラの生産を担当しています。

養蜂場はライプツィヒ工場のオフロードゲレンデ内にあります。オフロードゲレンデの総敷地面積は132ヘクタール。オフロード面積は33ヘクタールを占め、残り99ヘクタールを農牧地帯とし、うち40ヘクタールが養蜂エリアとなっています。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...