空冷エンジンの最終型、ポルシェ993のタルガをドイツ現地で見て

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

ひところの急騰した相場も少しだけ落ち着きを見せているというような話もちらほら耳にしますが、それでもやはり根強い人気なのがポルシェ911。そして人気は移ろい、空冷エンジンの最終型993型も、少し前の964型のような状況になっております。トータルで言えば、決して身近な存在になったわけではないということには変わりないようです。

乗るたびに感心させられ、堪能し、その突出したつくりに感心させられるのがポルシェ911です。もちろん定期的にアップデート。単にポルシェの「原点」だから、というよりも、その昔「目を付けたレイアウト」である天命としてのRRを受け継ぐかのように最新のテクノロジーでスケッチされた設計。どんなにパワフルでも効果的にリアのトラクションを確保しながらも、そのパワーのクルマではなかなかなしえない軽やかさを常に持ち合わせる。艶やかさや、淫靡な雰囲気、ともするとこれに類するクルマでは求められがちですが、まっすぐに潔然とテクノロジーとして真摯な世界が描かれた世界「ポルシェ911」とはそういうものではないでしょうか。

一度所有してみたい。晴れの日も雨の日も、開けても暮れても。自分の愛車が911。そんな生活にあこがれる人は少なくないでしょう。かく言う小生もそんな一人です。

そして最新の911が最良の911、なのかもしれません。しかしどれもしっかり所有して付き合ったわけでもないので、明確な違いは存在するものの、どれが最良か、そんなのは正直わかりません。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...