ドイツ発。ペットボトルのリサイクルが浸透する仕組みとは

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

最近では日本でも分別収集が進み、燃えるゴミ、ビン・カン、そしてペットボトルくらいはコンビニや、日常のゴミ収集での分別でも普通に分別するのではないでしょうか。環境に対しては、日本よりも早くから取り組んでいたといってもよいドイツからは、そんなペットボトルのリサイクルに関するレポートが届きました。

PETボトルのリサイクルに関するレポート

ペットボトルの「PET」とはそもそも、ポリエチレンテレフタレートの略で、繊維からペレット状、またフィルムといった様々な形で、今や生活になくてはならない存在だといえるでしょう。これをふくらませて容器にしたものがペットボトルです。素材としても汎用性が高い上に、再利用することで、様々なものに姿を変えて活用できる、もはや立派な資源であるといえるでしょう。

(編集部追記:当記事は過去配信した記事の改定版です)

ドイツでは、「使えるものは回収して再利用する」という考え方がさらに浸透しているようです。例えば私たちが飲み物をかったりして、ペットボトルに入った商品を買うとすると、購入時にはその容器のデポジットが上乗せされた金額を払うことになります。使用後、その空の容器を持っていくとデポジットを返してくれるという仕組みです。

よく「お家に帰るまでが遠足です」という言葉を最後まで気を抜いてはいけないたとえで使いますが、まさに、ドイツではペットボトルの飲料を飲んでしまっただけでは消費行動が完結せず、「返却するところまで」が消費者の責任ということなのかもしれません。こうすれば確かにポイ捨ても減るでしょうし、社会として回収できるPペットボトルの量も増えることでしょう。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...