日本では見つからない。ドイツ国内でも珍しい「シールナンバープレート」とは

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

ナンバープレートのデザインは国によって違いがあって面白いですよね。日本でも色々と分類されていますが、先日ドイツで珍しいナンバープレートを見つけました。

IMG_3611

一目ではすぐに気付かないかもしれませんが、通常のアルミ製プレートとは違い、ステッカーになっています。

IMG_3610
▲曲線のフロントボディにぴったりと貼りついています

これは「シールナンバープレート(独:Klebekennzeichen)」と呼ばれる正式なナンバープレートです。

なぜ通常のプレートと違うのか調べてみたところ、スポーツカーなど特殊な形状のクルマのみ適用されるものだそうです。従来のプレートを取り付けるために、ボディへ技術的に手を加えなければならない場合や取り付け不安定な場合に限り、特別措置としてこのステッカータイプを使用することができます。

ステッカー自体を手に入れることは簡単で、ネットや専門店で注文することができます。しかしながら、このシールナンバープレートでの「走行許可」をもらえるのは厳しい条件を満たしたクルマのみ。役所が確認し、通常タイプが取り付けられない車体と判断されなければ、使用走行することができません。

OEM記事提供

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

福井県生まれ奈良県育ち。京都外国語大卒。ドレスデン工科大学修士課程卒。高校生からドイツに恋して在...