トヨタじゃないよ、メルセデスだよ!スプリンターがドイツの街を走る

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

日本における緊急車両のベースとして、トヨタ・ハイエースがあります。このハイエース、いわゆるテレビ番組などの「ロケ車」としても定番なのをご存知ですか?テレビカメラマンの友人は、仕事柄ハイエースのロケ車仕様に乗る機会が多く、使い勝手を聞いてみたところ「フル定員乗車・荷物満載でもきちんと走るのはハイエースだけ」なのだそうです。

20万キロ走破してもへたらない(もちろん、経年劣化はあると思いますが)ことも魅力だといっていました。「よく走り、へたりが少ない、しかも壊れない」。カー・オブ・ザ・イヤーなどを受賞するような、いわゆる表舞台に登場するようなクルマではないと思いますが、「日本車の良心」を兼ね備えた1台であることは間違いなさそうです。

しかも、リセールバリューの高いクルマとしての側面もあります。そのバリュー度は、アルファード並み(!)なのだそうです。昨年、新型アルファードがデビューした際にディーラーに覗ったところ、5年後の残価設定額が200万円と聞いて驚きました。展示してあったのは、Gの2.5Lモデル、本革仕様でした。

ハイエースのパールツートン(ハイソカー時代のトヨタ車の定番カラーでしたね)にルーフキャリアが搭載されていたら、それはロケ車の可能性がありそうです。

トヨタじゃないよ。メルセデスだよ!スプリンターがドイツの街を走る!

さて、ドイツからオレンジ色にペイントされたメルセデス・ベンツ スプリンターの画像が届きました。この、パネルバンタイプのスプリンター、回転灯が屋根に付いていますね。緊急車両のようです。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:江上 透

カレントライフの副編集長。輸入車関連のセールスプロモーション、ウェブサイト、紙媒体、ラジオ番組の...