天然ガス仕様の自動車は燃費メリットがあるため、ドイツではガス仕様タクシーが多い

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

日本でもタクシーはガスで走っていますね。でもあれ、多くはプロパンガスですよね。しかし一時、センチュリーにもあった、天然ガス仕様の自動車。あれもやはりインフラがネックだった面は否めないでしょう。ドイツからタクシーのレポートが届いたのですが、天然ガス仕様の自動車です。

(編集部追記:当記事は過去配信した記事の改定版です)

11403007_834249950015500_7539266171180960333_n

11403496_834250033348825_8197214447287660491_n

日本では燃費が安いイメージの強いディーゼル燃料「軽油」。ヨーロッパでも軽油は安価だそうです。しかし比較すると天然ガス、軽油よりも燃費が、またさらに安価だといいます。そんなこともあって、ベルリンにはかなりガス仕様のクルマが走っているようです。(しかし、他の州、街ではあまり見かけないとのことですが。)

ちなみにこの車両は、天然ガス仕様のEクラス、タクシー専用だそうです。日本でもタクシー仕様車がありますから、アレに近い話かもしれませんね。ベルリンに天然ガスのタクシーが多いのは、2000年からタクシーと教習車で天然ガスのクルマに助成金を出す天然ガスプロジェクトが施行されていたようです。そのため、ベルリン近辺には天然ガススタンドも多数でき、そのために多いのかもしれませんね。その後バイオ燃料拡大の前提条件も満たされたとして、2006年にプロジェクトは終了宣言がされていますが、こうして今も走っていたりするところを見るとポーズではなくサスティナビリティも現れていると言えるでしょう。エネルギーの分散という観点でもいい動きですね。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...