ドイツではMTばかり!MT車はめんどくさいのではなく、わがままに乗れるクルマだ

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

ドイツからの便りに、マニュアル車の写真がたくさん入っていました。どうも車種で判断するに、少し前のクルマですね。ダウンサイジングターボではなく、あるいはホットな仕様も含まれているかもしれません。日本に輸入されるクルマはマニュアルであっても、一番スポーティーで上等な仕様にだけ設定とかも少なくありませんね。私個人的に不満を表明したいのはその部分です。自分も「へたっぴドライバー」ですので、ハイパフォーマンスな車ほど自動変速にご登場願いたいですし、クルマの素材の良さを味わうことができるという意味でも、幸福を感じることができるのは、そういうホットバージョンのモデルではなく、一番素のモデルだったりしますね。その点でいうと、さすが現地。シート表皮の素材、内装を見る限り「ごくごく普通のグレード」なのではないか。その部分にテンションが上がってしまうわけです。

クルマはノンターボ、そんな過剰でなくてもいいので絶対的なトルクが常に泉から湧き出すようなSOHCかOHVのそんなに大きくないクルマの良さと言ったら、筆舌に尽くしがたい魅力があるのです。商品力でいえば、乗る前には不安になるほどちゃちな内容だったりします。しかし、それでも不満があまりなかったりすると、小ざっぱりしたそのなりがむしろ愛おしかったり。そんなクルマなんじゃないでしょうか。こういうクルマをマニュアルで乗ってごらんなさい。どんなに高価なクルマを一緒に持っていても、それに一切乗らなくなってしまうような危うさすら感じてしまうのです。

11391629_819945138112648_3413767777798693771_n

11391358_819945158112646_6948837879326771203_n

誤操作ではないかとされる事故が多く、それに対する解決策として、マニュアル車オンリーのライセンスを作ればそういう事故が抑えられるのではないかという意見もあり、ある種私もその意見には一定の共感を覚えるのですが、そういう危機管理の問題を抜きにしても、シンプルなマニュアル車、常に一台手元に置いておきたい。そのくらい魅力的な存在ではないか。最近そんな風に思っているのです。まさにそうそうこんなクルマ。ドイツからおくられてきたシンプルなマニュアル車の写真を見て、そんな気持ちになったのでした。

[ライター/中込健太郎 カメラ/ドイツ現地スタッフ]

OEM記事提供

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...