「白=無難」じゃないのね…。ドイツでは人気のボディカラーが「黒」が不動な理由とは?

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

ファッション業界では「景気が良くなると、明るい色が売れる」と言われています。自動車業界は一体どうでしょうか?

クルマのボディカラーの好みというのは国によって違います。トレンドを反映していたり、文化的背景から来るその国での色へのイメージだったりと様々です。

世界全体のトレンドは「白」

statistik der autofarbe
データ:アクサルタ コーティング システムズ「自動車人気色調査報告書2016」
グラフ:筆者作成

世界的な人気色は白です。近年、白がトレンドとなっているのは、デジタル化の影響によるものと言われており、特にアップル社の影響が大きいようです。

iPhoneをはじめとするアップル製品のカラーバリエーションに沿って、黒・シルバー・白のボディカラーに塗られたクルマが世界的にぐんぐんと割合を増やしていきました。特に日本は強い影響を受け、白がよく売れたのです。そして現在でも、日本では白が一番の人気色となっています。

「アップルカラー」の影響はドイツにもおよび、近年は白の割合も20%まで増えました。しかし、10年前まではたったの2%だったのです。そんな中、このドイツで不動の人気を誇るのは「黒」。去年はシルバー/グレーが追いつき、ほぼ同率となりましたが、黒やシルバーのような「無彩色」の人気は強いようです。

1990年代から無彩色化は始まった

IMG_2163

しかし、1970~80年代のドイツでは、さまざまなカラーバリエーションがありました。ヒッピーやアメリカをはじめとする海外文化が流れ込み、学生運動が過熱した時期でもあります。この時代を反映するかのように、人々はクルマにも「自分らしさ」を求める多様なカラーバリエーションを求めました。自動車メーカーも新色を販売することで、「ドイツ車の定番」から脱却し、他企業とも差別化するようになったのです。

しかし、90年代に入ると、顧客の熱は技術方面へと移ります。企業も技術面をアピールすべく、洗練された黒・シルバー・グレー・白などの「無彩色」を採用してきました。その中でも黒はドイツで長年親しまれてきましたが、色の好みは二の次となり、シルバーやグレーのクルマを所有する人も増えました。それでもドイツでは「白=色がない」というイメージがあり、長年敬遠されてきたのです。

ドイツでは黒が絶対的人気のワケ

白も含めた無彩色のクルマは、今ではドイツ国内全体の75%を占めます。冒頭のグラフを見て分かるように、今でもドイツでは落ち着いた色が人気です。しかし、なぜ白ではなく、黒が根強い人気となっているのでしょうか。

IMG_2162

OEM記事提供

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

福井県生まれ奈良県育ち。京都外国語大卒。ドレスデン工科大学修士課程卒。高校生からドイツに恋して在...