ベルリンで出会ったMG Fから、ドイツでのオープンカー事情や左右ハンドル位置について考えてみる

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

みなさんこんにちは。今年の夏はいかがお過ごしでしたか?ベルリンの夏はとても短く、過ぎ去るのもあっという間。9月に入ってからの日中の最高気温は摂氏17〜20度ほどで、日照時間が日に日に短くなっていくのを実感しています。薄着が好きなドイツ人も、最近はしっかりとしたジャケットを着込む姿が目立つようになりました。とはいえ、からっと晴れて太陽が出れば、すかさず上着を脱ぎ去って日光浴に勤しむあたり「長く暗い冬が来る前に少しでも太陽の光を浴びておこう」という、現地の人々の日光浴に対する執念(?)をひしひしと感じます。

ドイツでの右ハンドル仕様は希少?

MG F
▲デビューから20年以上経ったとは思えない、魅力的なスタイリング

今回ご紹介するのは、ちょっと懐かしい小さなオープン・スポーツカー、MG Fです。日本での販売期間は1995年から2001年でしたので、もう製造を終えてから15年以上経っているのですね。筆者が今回見かけた個体は、ソフトトップにテープの補修跡がある以外は、全体的に良好なコンディションを保っているように思います。ベルリンでは、ガンガン走り込んで多少のヤレは気にしない、というクルマが一般的ですので、きれいなシルバーの外装が保たれたこのMG Fを見ていると、オーナーが大事に乗っている様子が伝わってきます。

MG F
▲同時期デビューのオープンカーの中で、ミッドシップレイアウトのMG Fは異彩を放っていました

このMG Fに限らず、ドイツで英国車や日本車を見かける場合、右ハンドル仕様であることはまずありません。日本で左ハンドルを見る確率よりも低い、と言えば、どれだけ珍しいか想像できると思います。日本では、左ハンドルの方がリセールバリューがあると言われていたり、左ハンドルに対する憧れやこだわりが未だに存在していると感じることが多いのですが、ドイツに住む人々が右ハンドルに対してそういった思いを抱くことはほとんど無いのかもしれません。クラシックカー・イベントに参加している英国車・日本車も、ほとんどが左ハンドル仕様です。本国仕様の右ハンドルを見る機会は滅多になく、現地の人々は実際の運転のしやすさを重視している、と言えそうです。右ハンドル車を運転するドイツ人オーナーに出会ったら、どんな思いで選んだのか、ぜひお話を伺ってみたいですね。

ドイツ人はとにかく日光浴が大好き!

MG F
▲特徴的なハイドラガス・サスペンションを通常のスプリング・タイプに戻すパーツも販売されていました

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...