メルセデス・ベンツの光と影。不朽の名車300SLと、悲運のレーシングマシン300SLRに迫る

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

メルセデス・ベンツ 300SL(W194)
▲以前カレントライフでもご紹介したトランスポーターの上に載る300SLR。ボディはより軽量なマグネシウム合金で作られています

さて、その名前やスタイリングから300SLのエボリューションモデルと思われがちな300SLRですが、関連性は全くありません。メルセデス・ベンツが1951年にモータースポーツ部門が活動を再開し、300SLプロトタイプ(W194)を開発していた同時期に、1954年から導入される2.5リッターエンジン規定のF1マシンの開発もスタート。さらにそのF1と基本コンポーネントを同じくするプロトタイプ・スポーツカーの開発も始まりました。F1マシンはW196R、スポーツカーはW196Sの社内コードが付けられ、W196Rは「メルセデス・ベンツW196」として、W196Sが「メルセデス・ベンツ300SLR」の名前で知られるようになります。

つまり300SLR(W196S)は、300SLプロトタイプ(W194)や市販型の300SL(W198)を元にしているのではなく、同時期のF1マシンW196(W196R)と兄弟車、ということがいえるでしょう。にも関わらず、300SLRという名前を付けられたのは、市販型300SLの宣伝や広報のため、と言われています。

メルセデス・ベンツ 300SL(W194)
▲リアに乗った板のようなものが、後述するエアブレーキです

エンジンを比べると、差異はよりはっきりしてきます。300SLの2996cc直列6気筒SOHCに対して、300SLRは2979cc直列8気筒DOHC。ボッシュ製燃料直噴システムを採用し、最高出力は300ps以上を達成。300SLRは当初クーペ・モデルで計画していたものの、ドライバーから車内の暑さ、視界の悪さ、騒音の大きさを指摘され、結局レースに使用されたのはオープン・モデルのみでした。生産台数はわずか9台で、クーペ・モデルはそのうち2台が製造されています。

強力なエンジンを手に入れて、他を圧倒する高性能車となった300SLRにも、弱点がありました。それはブレーキです。300SLRは4輪ドラムブレーキで、当時のライバル・ジャガーDタイプの4輪ディスクブレーキと比べると、ル・マンのような高速サーキットでの制動力や耐久性に大きな差がありました。そこで苦肉の策として取り入れられたのが、エアブレーキです。ドライバーがマニュアルで操作して、コクピット後ろにあるフラップを立ち上げ、空気抵抗で制動力を少しでも稼ぐというもので、もちろん当時世界初の技術でした。後年、マクラーレンF1をはじめとする多くのスポーツカーにエアブレーキやアクティブエアロダイナミクスが採用されていますが、そのご先祖と言えるでしょう。

メルセデス・ベンツ 300SL(W194)
▲当時のレーシングカーらしい、簡素でスパルタンなコクピット

F1マシンW196の開発に忙殺されていたため、300SLRのデビューは結局、1955年にずれ込みます。デビュー戦のミッレ・ミリアでは1-2フィニッシュで圧勝。優勝を飾ったスターリング・モスとデニス・ジェンキンソンのコンビは平均速度157.7km/hという驚異的な記録を残し、1957年に大会が終了するまで破られることはありませんでした。300SLRのエンジン音があまりにうるさく、当時はまだインカム・システムもなかったため、コ・ドライバーは手のサインでナビゲートした、という逸話が残っています。

そして、運命の1955年のル・マン。ピエール・ルヴェーの運転する300SLRが周回遅れの車両に追突、マシンは宙を舞いスタンド側壁に落下して爆発。引きちぎれたエンジンなどが次々とグランドスタンドに飛び込み、観客をなぎ倒し、運転していたピエール・ルヴェーを含む80人以上が死亡するモータースポーツ史上最悪の大惨事が起こります。レースは続行されたものの、メルセデス・ベンツはル・マンを棄権。その後のツーリスト・トロフィーやタルガ・フローリオでも300SLRは優勝し、1955年は出場した6レース中5レースで優勝するという圧倒的な成績を残しますが、本社はレース活動からの全面撤退を発表。稀代のレーシングマシンは、たった1年で活躍の場所を失ってしまうのです。

メルセデス・ベンツ 300SL(W194)

メルセデス・ベンツ 300SL(W194)
▲300SLRのクーペ・モデル。2台しか製造されていません。クーペ・モデルはレースには出場せず、レース活動撤退後は設計者のルドルフ・ウーレンハウトが公道で走らせたことから、「ウーレンハウト・クーペ」の名前で知られています

F1マシン、レーシングスポーツカー、市販スポーツカーの距離が近かった時代

F1マシンW196と300SLR、300SLプロトタイプと市販型の300SL。こういったクルマを見ていくと、F1やレーシングスポーツカーのメカニズムや構造が、今よりもずっと市販車に近かったのがわかります。市販型の300SLに採用されたチューブラーフレームは、まさにレーシングカーそのものの構造ですよね。現代のF1やプロトタイプカー、市販車を見比べても、共通点を見つけることはなかなか難しいですが、この先、レーシングカーさながらの市販スポーツカーが生まれることはあるのでしょうか?

ドイツでは、2030年までに内燃エンジンを搭載した新車の販売禁止を求める決議が可決された結果、今後は電気自動車への移行が加速すると見られており、その流れはモータースポーツにも波及しています。先日、メルセデス・ベンツはDTMから撤退し、フォーミュラEへの参戦を表明。またポルシェもWECから撤退し、同じくフォーミュラEへの参戦を決めました。すでに参戦しているBMW、アウディを含めると、ドイツのメーカーは4つ揃うことになります。 フォーミュラEでの開発が、今後の市販電気自動車に生かされることを考えると、もう一度、トップカテゴリーのレーシングカーと市販車の距離が縮まる時代が訪れるかもしれません。そこに内燃機関が存在しないことに、筆者はどうしても、少し寂しい気持ちを拭い去ることができないのですが…。

[ライター・カメラ/守屋健]

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:守屋 健

鹿児島県出身。幼い頃、歯医者の待合室で偶然手に取った自動車図鑑、それに載っていた緑のポルシェ911タ...