サンキューハザードはNG?知っておきたいドイツにおけるウィンカーとパッシングの意味とは

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

先日、日本人の友人から聞いた話があります。出張でドイツ人上司とクルマに乗っていた際、道を譲ってもらったのでサンキューハザードをしたら「何してんだ!」と怒られたそうです。

「ありがとう」という意味でサインをしたと説明したら、上司は「ドイツでは『それは余計なことするなこの野郎!』って言っているのと同じだ。二度とするなよ!」と指摘されたらしいのです。

サンキューハザードをされるとドイツ人は怒る?

インターネット上でも海外から「日本のサンキューハザードに感動!」などと言われていますが、これはそもそもドイツ発祥だということをご存知でしたか?「サンキューハザード」は、ドイツのトラック運転手間のコミュニケーション手段として使われていたものが、日本で紹介され広まったものなのです。原則、このハザードランプの使い方は、本来の使用目的と異なるので、教習所では教えてはもらえないことが多いようです。しかし日本では、ドライバー同士のコミュニケーションの一種として認識されています。ところがドイツでは、一般ドライバーまでは浸透しなかったようなのです。

・・・というわけで、ドイツでは「サンキューハザード」は通用しません。欧州において、イギリスやポーランドではありがとうの意味で使うこともあるようです、しかし、ここドイツでは、友人の上司が指摘したように、侮辱や相手の運転を馬鹿にした意味が込められることが多いようです。こういった運転時のコミュニケーションは教習時に教えてもらえないことだからこそ、国によって認識が様々です。

そのため、欧州でその違いを認識しているドライバーは、ウインカーを左右交互に1,2回光らせて「ありがとう」の意志表示をします。ドイツでもこれは通じますが、どちらかというと少数派。大半は手を挙げて合図することが多いようです。

ドイツの高速道路ではパッシングの意味にも要注意!

日本だと感謝の意味を込めるパッシングもあります。しかしドイツでは、パッシングは基本的に禁止されています。あくまで相手の注意を向ける目的に使用するもので、ドライバーの意思表示には使いません。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...