意思を感じる店づくりに思わず覗いてしまう、ドイツ現地の中古車屋さん

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

街道沿いを走ると、またその近くに行って珍しいクルマが止まっていると、ついつい中古車屋さん巡り、してしまいますよね。そもそもそのクルマ自体が「呼ぶ」場合ばかりでなく、店主の方でしょうか、社長さんか店長さんかわかりませんが、その人の思いが感じられる品揃え、意思を感じる店づくりに気づいてしまうと、どうしても通り過ごすことができないことも少なくありません。

11390131_820636541376841_4428483484340952076_n

11429798_820636564710172_4322688253485378257_n

ドイツ・デュッセルドルフから、そんな現地の中古車屋さんのレポートが届きました。なんだか日本では見慣れないクルマなんかもありますね。Kaも初代は日本にも入ってきましたね。OHVのエンジンでマニュアルオンリー。あれって要は現代によみがえらせたアングリアですよね。今でもちょっとほしいクルマだったりしますが。その次のモデル、でしょうね。日本ではまったくなじみがない。でもこういうクルマがいいのです。

あと、お店の作りが日本の路面店の中古車屋さんとは違います。ヤードというか、フェンスがあって、その中に置いてある感じ。施錠もできるし防犯効果は高そう。日本でもスペシャルショップ的なお店はこういうお店ありますよね。

どんなクルマが人気なのでしょうか?日本とは相場観違うのでしょうか?買取だけとかお願いできまるんですかね。そういう風に考えると、登録の手続きなんかも違うでしょうから、購入希望でお店に行った際、商談スタイルなども国が変われば違うのでしょう。希望ナンバーサービス、コーティングサービスとかは日本独特のものなのでしょうか?気になってきますね。

OEM記事提供

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...