自宅前では洗車もダメなの?ドイツの生活ルールとクルマの関係

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

日本に一時帰国するたびに「ドイツと日本の生活、どちらがいい?」と聞かれます。これまで「ドイツ現地レポ」でも、日本とドイツのライフスタイルの違いについて、筆者の思いを綴ってきました。ひとつ言えることは、利便性や娯楽性に関しては日本が圧勝です。

ドイツに移り住んでからというもの、日本で暮らしているときに比べて自分の時間が持てるようになり、この国のスローライフが好きになってきました。これも、ドイツのルールに則ったスタイルで生きてきたからでしょう。

しかし、そのルールが「厳しすぎるんじゃない?」と思うこともあります。ドイツはブラックジョークになるほど「規則」で成り立っている国。規則に反すればすべてがNO。例外やお情けは皆無といっていいほどです。

郷に入れば郷に従え。他国で生活していくのなら、その国の規則を守らねばなりません。今回はクルマにも関係した、ドイツ人の生活スタイルについてご紹介します。

帰宅ラッシュが早すぎる?

IMG_1929
▲ドイツ朝9時前のアウトバーン。大都市ケルン方面ですが、空いています

日本にもある通勤・帰宅ラッシュの時間帯。朝は7~9時、帰りは18時~あたりでしょうか。夕方のラッシュは学生さんのほうが多いかもしれません。

ドイツの朝は早く、スーパーも役所も学校も7時から始まります。朝の通勤ラッシュは6時30分~8時ころ。帰宅ラッシュは16~17時。金曜日だと14時ごろからラッシュアワーとなり、まだ昼間だというのに、街には仕事終わりのパパやママ(子連れ)がちらほら…。

ドイツはクルマでの通勤率が高いため、帰宅ラッシュ時の渋滞はすさまじいことになります。これに加えて学生たちの帰宅時間も被るため、街中心部はバスと路面電車も巻き込んだ渋滞で大混乱となります。統計によれば、平日のみで年間50時間渋滞に巻き込まれているのだそう。(ちなみにベルリンでは倍の100時間!)

OEM記事提供

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

福井県生まれ奈良県育ち。京都外国語大卒。ドレスデン工科大学修士課程卒。高校生からドイツに恋して在...