ミハイル・シューマッハの故郷よりお届けする、ドイツ・ケルペンクラシックカーミーティングレポート

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

ドイツの4月の天候は気まぐれ。そして5月になってからは、ようやく25度前後の気温が続き、少しずつ夏の気配が感じられる陽気となってきました。オープンカーやクラシックカーでドライブする人たちを見掛けるようになるこの時期は、ドイツ各地でほぼ毎週のようにクラシックカーイベントが開かれるようなるのです。

ドイツでは、テクノクラシカなどの大型メッセ(展示会)だけではなく、小さな街や村でもクルマ関連のイベントが開かれています。去る5月21日、ドイツでは26にも及ぶ地域でクラシックカーミーティングが開催されました。その中でも、今回は筆者の住むケルペン市のクラシックカーイベントをご紹介します。

ケルペンはケルン近郊に点在する人口6万人の小さな街ですが、ドイツ人には知られた場所なのです。なぜならケルペンは、ミハイル・シューマッハの生まれ故郷であり、シューマッハ兄弟が幼少時を過ごした街なのです。

そんなシューマッハ兄弟ゆかりの地、ケルペンのクラシックカーミーティングは毎年5月と8月に開催されます。メッセホールなど大きな会場はないので、街の中央通りを封鎖し、そこにクラシックカーが並びます。


▲ケルペン中央通り。この日は天候に恵まれて会場は盛況!


▲通りに入ってすぐ、1961年製デーカーヴェーのジュニア・デラックスがお出迎え。アウトウニオンの血脈を持つ、アウディの歴史を語る上では外せないメーカーですね


▲なんとその隣には、今年からHナンバー入りした、マツダ626がいました!ちょうど30歳を迎えたということですね。Hナンバーを掲げた日本車を実際見ることができてラッキーでした。そしてケルペンには筆者以外の日本人がいないということもあり、なんだかようやく同郷の人に出会えた心境で思わずほろり


▲そしてドイツ国内人気第1位のケーファー(ビートル)。メタリックブルーのボディは今年塗り直したばかりだそうで、コンディションも極上。つい最近生産終了が報じられたビートルですが、今後はこの個体も、ますます貴重な存在となっていくのでしょう


▲続いて、Hナンバー登録数第2位のメルセデス・ベンツ W123。1980年製オートマ仕様となる240Dです


▲今回はメルセデス・ベンツ率が高かったように思います。W123系では250Sと230CEがそろい踏み!


▲このメルセデス・ベンツ240TDは渋い色味が素敵ですね。ボディ同色のホイールカバーも当時のまま。メルセデス・ベンツ W123は、今クルマに乗る人が子供の頃、彼等の祖父世代が乗っていたことが多かった影響なのか、ドイツでは「おじいちゃんベンツ」とも呼ばれています。一昔は古臭いと皮肉った意味の呼び名でしたが、今ではその家族から譲り受けたものも多く、ビートルに続く人気のクラシックカーとなりました


▲1981年製フォード カプリ2.0Mk3は、丸型4灯式ヘッドライトと大きなエアダムスカートが特徴的ですね


▲イタリア料理店の宅配用に使われていた1970年製フィアット500F。商用車ということもあって内装も含め、3年前にレストアが施された模様。そのため状態は良く、約80万円で売られていました。(残念ながら買い手はいませんでしたが…)

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...