世界が日本のBONSAI Carsに嫉妬!? ドイツにおける軽自動車の評判を調べてみた!

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

先日、ドイツの駐車場で日本の軽自動車を見つけました。

IMG_2026

筆者がドイツで暮らすようになって5年。これまで日本の軽自動車を見たのは、2~3回だったと記憶しています。やはり、こちらでは非常に珍しいクルマのようです。海外で他の日本車を見掛けてもそう思わないのに、これが軽自動車だと、じわじわ「日本らしさ」が感じられるのはなぜでしょうか?(これって筆者だけでしょうか…?)

前回に引き続き、ドイツの日本車シリーズ。今回は「軽自動車」に関してのレポートです。

海外に軽自動車ってあるの?

この質問に対しては「あり」とも「ない」とも言えます。「軽自動車」というのは日本独自の規格なので、そもそも海外には存在しないものです。スズキやダイハツなどごく一部のメーカーが海外へ輸出していますが、エンジンなどの規格を変えているので「小型車」という扱いになり、日本と全く同じ「軽自動車」とは言えないようです。

IMG_2010
▲今回見つけた2台の軽自動車はどちらもスズキワゴンR

IMG_2028
▲こちらは更にドイツでは珍しいオートマ仕様

ドイツメディアの評判

ドイツの経済紙で「ドイツが日本の軽自動車(Kei-Cars)に学ぶべきこと」と題した特集が組まれていました。ドイツでは日本の軽自動車を知らない人がほとんどなので、定義や規定、そして税金面の優遇、車庫証明の必要がないことなどのメリットも説明されています。

shot_Handelsblatt

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...