21世紀も現役バリバリ!Hナンバー取得後も大活躍な、愛されワーゲンバスたち

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

VWタイプ2。通称「ワーゲンバス」は日本でも男女、クルマ好き問わず人気の高いクルマですね。

筆者が幼少期のころ、お隣さんがワーゲンバスに乗っていました。これはお嬢さんのクルマで、黄色いツートンのT1。車内にはサーフ系の装飾びっしりで、田舎町でかなり目立っていたのを覚えています。あのころは「ワーゲンバス」がドイツのクルマだとも知らずに、見た目だけで「おもちゃみたいなクルマ」くらいにしか思っていなかったのですが・・・。今思えば、こんな身近にドイツ車がいたなんて…。でしかし、今でも覚えているほど印象深く、見つければテンションが上がってしまうような、個人的にも大好きなクルマです。

さて、ワーゲンバスはドイツでは「ブリー」の愛称で親しまれています。これは、ブルドックという意味に由来しています。ドイツ人から見ればそんな顔立ちなのでしょうか?クラシックカーミーティングでは必ずといってよいほど見掛ける「ブリー」ですが、乗用車目的以外でも目立つ外観とたっぷりの室内スペースを活かし、日本でも移動式カフェなどのキッチンカーとしてはたらく姿を見たことある方も多いのではないでしょうか?

ワーゲンバスは乗用車ではなく商用車(Nutzfahrzeuge:ヌッツファーツォイゲ)にカテゴライズされていますが、荷物も大量に積めて、人も載せられます。これほど便利な「はたらくクラシックカー」はあまりないのではないでしょうか。そして先日、今も現役ではたらくワーゲンバスをドイツでも見つけました。

ドイツ大手のスーパー「レーヴェ(REWE)」のラッピングがされたワーゲンバスです。もちろんHナンバーも取得済み。最近、レーヴェは一部地域でネット宅配サービスをはじめたので、宅配用のクルマとしてワーゲンバスが活躍しているようです。トラックタイプのVWピックアップは、荷台部分も木製素材にモディファイされていて、レトロ感も満載。グリーンのボディカラーにもうまくマッチしていますね。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらCLに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

在独6年目のライター。Current Europe GmbH (ドイツ現地法人)所属。ドレスデン工科大学修士課程を修了し...