Hナンバーが誇らしげなプジョー504カブリオレ

最終更新日: 公開日:2015-09-09 | Posted in ドイツ現地レポ by

珍しいクルマに乗ってみたいな。そんな希望を少なからず持っている人はいるかもしれません。クルマは個性を表現する道具。そういう側面もありますから、無理もないでしょう。

しかし、そんな風潮はきっと日本に限ったことではないのでしょう。

最近、世界的に旧車、クラシックカーの相場が高騰しています。円安も手伝って、日本にあるかなり程度のいいクルマが多数海外に流出しています。寂しいようですが、欲しい人の元に行くのがクルマにとってもある意味では幸せなのかも。是非海外でも大事にしてもらって、いつかどこかで再び再会できればいいな。そんな風に思うこともしばしばです。

しかし、特に日本においては、年式で著しく台数の少ないクルマというのも存在するのです。これには、実は排ガス規制が少なからず関与しているのです。ドイツから洒落たプジョーの写真が送られてきましたが、このクルマも実はそんな一台と言っていいかもしれません。

プジョー504。1968年に発表になったフランスの中型乗用車。セダンからワゴン、ピニンファリーナが手がけたクーペなどボディのバリエーションも豊富。この写真のカブリオレはクーペをベースに作られたクルマで、ベースのセダンの倍の金額で販売されたそうですから、かなりの高級車といえるでしょう。

Hナンバーが誇らしげなプジョー504カブリオレ@ドイツ現地レポ

最終的に1980年代まで生産された、域の長いベストセラーですが、このクルマは日本では滅多に見られない1台と言っていいでしょう。実は日本では、1974年までに生産されたクルマは排ガス検査を免除されているのですが、それ以降のクルマは排ガス検査を受け合格しないと、日本に輸入してもナンバーをつけることができないのです。厳密には1975年4月以降に初度登録されたクルマですが、これを取得するには多額の費用がかかります。場合によっては車両の価格の何倍もの金額になることも少なくありません。

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...