ドイツの空港や街中で…働くクルマはカッコイイ!

最終更新日: 公開日:2015-09-23 | Posted in ドイツ現地レポ by

子どもの頃からクルマ好きだった小生、スポーツカーや高級車だけが好きかと言うとそんなことは全然なく、むしろ、ごくごく普通のクルマの中でもなんか目に留まってしまったりするので、自分でも不思議でなりません。

例えばトラック、バン、商用車、軽自動車などもその類いであり、まったく見過ごせないものばかり。ここまで来ると困ったものです。そんなですから、たまに飛行機に乗ると、離陸待ちの飛行機の窓から空港で忙しく働くクルマたちを見ているのが大好きなのです。空港には街中には走っていないクルマがたくさんいますね。中には空港での使用しか考えられていない特殊な構造のクルマで、国土交通省の管轄のナンバープレートがないものも少なくありません。ですから、そういうクルマは「どこが特殊構造なのか?」「その特殊構造は仮に普通の登録をしようとすると車検は通るのだろうか」などと思いを巡らせながら見ていると、時の経つのもあっという間で、たちまち出発時刻になるものです。また、街の中でも様々なクルマが私たちの安全を守ってくれたりしています。パトカーだってそうですが、それに限りませんね。

空港や街中で…働くクルマはカッコイイ!@ドイツレポ

ドイツからはそんな空港で働くクルマや街で市民の安全を守るのに携わっているクルマのレポートが届きましたよ。街中の写真はフォルクスワーゲンですね。T5はなんでしょうか?デュッセルドルフの交通を守っているのですね。日本だと道路公団のような組織でしょうか?このワゴン、割といいお値段なんですよね。日本でも一部のファンが輸入していますが、なかなかおいそれと手が出ない高級なバンであります。まあ、あちらでは国産車ですので、当然に選ばれる選択肢ではあるのでしょうが。

空港や街中で…働くクルマはカッコイイ!@ドイツレポ

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...