ドイツはオープンカーで通勤する人たちばかり?幸せそうな顔が微笑ましい

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

今年もようやく暖かくなりましたね。皆さんはゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか。汗ばむ陽気の日も多くなり、個人的には汗っかきなのでありがたいような面もあるのですが。こういう時期になったらオープンカーの季節の到来ですよね。私もオープンカーに乗っていますが、頭でわかってはいたのですが、実際買ってみて、日常乗って思ったのですが、正直「ここまでいいとは思わなかった」ちょっと想像を超えていました。

(編集部追記:当記事は過去配信した記事の改定版です)

僕のクルマは電動でルーフが開閉するタイプですが、クルマとして雨もよけることができる上に、ひとたび雨の降っていないときにはボタン一つで大きな空があおげ、風と一緒に走ることができる。ああいうクルマに乗れるというのは神のご加護を直に恩恵に預かれることにかなり近い話であり、おそらく昔「王様」といって下々を下に見ていたであろう時代の彼らでさえ味わうことができなかったに違いない贅沢な環境が今や誰でも手に入れられるのですから、いろんなことはあっても今の時代に生まれてよかったと思うのです。

オープンカーで通勤する人たちは幸せそう@ドイツ現地レポ

ドイツから、そんなオープンカーで通勤する人たちに関するレポートが届きました。幸せそうな顔をしているじゃありませんか!この女性が運転しているのはフォルクスワーゲンでしょうか。男性の方はポルシェ911のようですね。こうあるべきなんです。屋根が開くクルマに乗っていて、一部のスピードスター/ロードスタータイプのクルマのように簡易型幌で開け閉めに時間のかかるクルマでは仕方ありませんが、よほどのことがなければ、屋根は開けるべきでしょうね。

自動車の歴史を辿ると、もともとは屋根なんてモノはありませんでした。それに屋根がつき便利になりました。オープンカーというのは、その屋根を「もう一度外した」のです。スタイルのため、開放感のため。とにかく、「吊るしのクルマでいい」人のチョイスではないのです。贅沢だし、こだわりだし、だからこそ、あの開放感を享受できるのは、オープンカーに乗っている人の特権だと思うのです。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...