意外?納得?ドイツにおける「Hナンバーの取得をあえて行わない」その理由とは

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

自動車大国ドイツの旧車を守る文化として、日本でも徐々に知られつつあるHナンバー制度。

ご存じでない方のために説明すると、

●Hナンバーの条件を満たすクルマとは?
1.生産されてから30年以上経過している
2.オリジナルの状態が保たれている
3.走行に支障をきたす欠陥がないと判定された状態

これらの条件を満たすクルマは、ドイツで公式に「クラシックカー」として認定されます。その証ともなるのがHナンバーで、通常のナンバープレートの最後に歴史的(独:historisch)を表す「H」が付きます。

Hナンバーを取得すれば、車税が優遇されるうえに、有害ガス排気量の多さで走行が制限される「環境ゾーン」の走行も免除されます。古ければ古くなるほど、重税が課される日本とは真逆。古いクルマこそ優遇されるドイツ独自の制度なのです!

現在ドイツでは約34万台のHナンバー車が存在しています。しかし、条件を満たしている車両全体のうち、実際にHナンバー取得しているのは62%。残りの38%は「隠れHナンバー」ということになります。Hナンバーの取得台数自体は年々増えてきているのに、いったいなぜ?現在ドイツでは、Hナンバーを取得するか否かの意見が分かれています。

多くの理由は「税金面のメリットがない」

Hナンバー車への税額は一律で年間191ユーロ(約23,000円)と定められています。ドイツの自動車税は年式関係なく、排気量(ユーロ基準)で変わってくるので、はっきりとした税率の内訳はないのですが、年間100~600ユーロほどと言われています。

このように、かなり振れ幅の大きいドイツの自動車税。「191ユーロ」は果たして安いのか高いのか?現代のクルマでも、排気量が少なければ130ユーロ前後の自動車税額が多いようです。クラシックカーでも、排気量が少なければ191ユーロより税額が少なくなることがあります。特にガソリンエンジン、ディーゼルでも1980年代のモデルだと通常課税のほうがHナンバーより安くなることが多いようです。


▲先日のカーミーティングで出会ったロイド・アレクサンダーTS(1958)のオーナーも、排気量592ccmでHナンバーは取得していないとのこと

専門誌では、判断材料として触媒コンバーターなし、または排気量700ccm以上のディーゼルエンジンでればHナンバーで得をすると言われています。旧東ドイツの大衆車「トラビ」は、税率がかなり低いこともあり、Hナンバーを取得しているケースは皆無だといわれています。他にも、BMWイセッタやフィアット500、ホンダS800なども排気量が少ないため、Hナンバー取得における税金メリットはないに等しいのです。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

福井県生まれ奈良県育ち。京都外国語大卒。ドレスデン工科大学修士課程卒。高校生からドイツに恋して在...