不動の人気はやはり「SUSHI」~ドイツの食事情 日本食編~

公開日:Posted in ドイツ現地レポ by

「和食が食べたい!!!」淡い出汁の味、焼き魚、おいしいお米…肉肉肉!のドイツフードに囲まれて生きていると、何度心の中で叫んだことか…これはドイツに限らず海外在住者なら必ず思うこと。日本でこんなの見たことないぞ…と創作力溢れる「なんちゃって和食」があるのも海外あるあるの一つ。筆者の住んでいるドイツ東部は在住日本人が少ないこともあって日本食を食べられる機会が本当に少なく、日本の味を恋しがる日々です。かと思えば欧州最大の日本人街、西ドイツのデュッセルドルフでは「そんな悩みないんだろうな…」と思えるほど充実した本格日本食レストランや食料品店が並んでいたりと、どれだけ日本食がドイツに浸透しているのかというのは地域によってかなり差があります。一体「日本食」はドイツではどのような地位を獲得しているのか?今回はドイツにおける日本食の存在についてご紹介します。

果たして日本食はドイツ人にウケているのか?

お寿司にしても醤油を「どっぷり」つけて食べるドイツ人。味噌汁にも醤油、白ごはんにも醤油。一時期ドイツの日本食レストランで働いていた筆者もこの光景は何度も目にし、挙句に「チリソースはないの?」と聞かれる始末。そもそも日本人には「味蕾(みらい)」という「うま味」を感じられる舌の細胞が欧米人よりも多いために、だしの味にも敏感で、お吸い物などの薄味でもおいしいと感じることができるようです。欧米人は日本人と比べると味蕾の数が少ないために同じものを食べても「味がない」と感じてしまい、ついつい塩味が強いものを好む傾向にあるようです。

しかしその割にドイツ人は栄養価にうるさい。食品成分表を眺めては「これは体にいい」「これは脂質が多いから…」などと食事内容に気を使う人が多く、さらにはヴィーガン(完全菜食主義者)や宗教上の理由で食べられるものが制限されている人も日本と比べると多いので、肉文化のドイツの中で魚や昆布だしで味を付ける「日本食」というのは彼らにとってかなり有難い存在になっているのは間違いありません。そして近年スーパーやレストランで確固たる地位を得たのは豆腐。日本では菜食主義などの認識は世界と比べると低いですが、宗教や動物愛護の点からヨーロッパは動物性食品に対してかなり敏感です。そんな中、日本の精進料理からヒントを得て大豆を加工した食品などがドイツ人の心をつかんだようです。「TOFU」とそのまま日本語読みで言いますし、肉に似せて加工しやすいこと、おいしくヘルシーであることが評価されています。

ドイツでも不動の人気「SUSHI」

ドイツの食事情。不動の人気「SUSHI」~日本食編~

世界的に日本食の名を知らしめたのはやはり寿司でしょう。ドイツも数年前に「SUSHI」(ドイツ語では「ズーシ」と読む)ブームが起き、「私、お寿司大好きよ!」と言ってくれるドイツ人が多いです。そしてホームパーティでは必ず「日本人だったら寿司を作ってくれ」と頼まれるほど「日本=SUSHI」は浸透しています。しかし日本人が握った寿司が食べられるところは案外少なく、ベトナム人や中国人が経営しているアジア料理店で販売していることがほとんど。そこで出されるお寿司は日本人からすれば「これが寿司…?!」と思ってしまうこともあるのですが(ちなみに筆者は一度レストランでスライスした豆腐のみが乗せられたにぎり寿司を出され衝撃を受けました)、お箸でお寿司を美味しそうに食べているドイツ人を見るとやはり嬉しくなってしまいます。しかしただでさえ海産物が少ないドイツでの寿司はやはり高額。スーパーで売られているパック寿司も5~7ユーロくらいの値段になってしまいます。

ドイツの食事情。不動の人気「SUSHI」~日本食編~

スーパーではわずかながらの魚加工品コーナーにお寿司が並びます。新鮮な魚が手に入りにくいので、握りよりも巻きずしが定番でネタは野菜やツナ、カニカマなどの加工品が使われていることが多いです。油も肉も使わない寿司はベジタリアンでも宗教で肉が食べられない人でも食べられるものなので日本食の中でも支持率は特に高いです。

ドイツの食事情。不動の人気「SUSHI」~日本食編~

あわせて読みたい記事

OEM記事提供
この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:NAO

福井県生まれ奈良県育ち。19歳で初めて夢見たドイツに渡り、現在もドイツ在住。ドレスデン工科大学院に...