ドイツのガソリンスタンドは、日本と大きく違う点もある@ドイツ現地レポ

最終更新日: 公開日:2015-05-11 | Posted in ドイツ現地レポ by

最近では日本でもセルフ式のガソリンスタンドが増えてきました。むしろそちらの方が多い、と言っても過言ではないでしょう。年配の方の中にはまだまだフルサービスの、スタッフの方に入れてもらうスタンドがいいと言う方も少なくないようです。私の実家でも、特に母がセルフ式スタンドをさけていて、しばしば「ガソリン入れておいて」とか言われます。ああいうスタイル、昔から欧米では一般的だったそうですね。ドイツからそんなガソリンスタンドの様子が届きましたよ。

ドイツのガソリンスタンドは、日本と大きく違う点もある@ドイツ現地レポ

皆ユーロで表記されていることを思うと、やや高いでしょうか?日本の感覚より。しかしながら最近少し「一服」している感もあるのだそうです。そして日本もそうですが、すぐに価格が上がったり下がったりするとのこと。毎日の足としてはけっこう厳しいですよね、やたらと上昇するというのは。もっとも税金なども違いますし、他の物価や課税の様子も違いますので、一概に「どちらが自動車燃料が高い」というのも難しい話ではあるのですが。とはいえ、最近日本でも増えてきたディーゼルエンジン用のいわゆる軽油など、ドイツよりかなり恵まれているのかも、などと思ってしまいます。

ドイツのガソリンスタンドは、日本と大きく違う点もある@ドイツ現地レポ

ドイツのガソリンスタンドは、日本と大きく違う点もある@ドイツ現地レポ

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...