フランスの高速鉄道「TGV」@ドイツ現地レポ

最終更新日: 公開日:2015-02-16 | Posted in ドイツ現地レポ by

今回はフランスからのレポートです。私たちが高速列車というと新幹線ですよね、やはり。しかし、それと並ぶくらい有名な、そして、新幹線よりもより高速な列車という印象があるのは、フランスのTGVではないでしょうか。

フランスの高速鉄道「TGV」
TGVはフランス国鉄 (SNCF、写真の車両にも書いてありますね。) が運行する高速鉄道の車両、およびそれの運行形態、システムとしての総称だそうです。名称の「TGV」は高速列車を意味するフランス語「Train à Grande Vitesse」にちなむ(trainは列車、grandeは大きい、vitesseは速度を意味)。開発されたのは日本の新幹線の工事が着工した直後。1960年代のこと。そう考えると新幹線が触発した面もあるのかも。鼻が高いような気がしますね。1970年代、80年代には世界最速の高速鉄道として有名になりました。当初は車両はオレンジ色で、この印象を持っている方も多いのではないでしょうか。平坦でカーブもトンネルも新幹線に比べて少ないこともあって、鉄道の速度記録を更新するのはTGV。そんなことで、ある種の憧れの存在、それがTGVと言ってもいいかもしれません。

フランスの高速鉄道「TGV」

この記事が気に入ったらカレントライフに「いいね!」しよう

最新情報はFacebookページでチェック

この記事の筆者:中込 健太郎

大手自動車買取販売会社で、クルマの売買業務を経て、本社マーケティングチームに異動。WEB広告を担当し...